FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第1回桑名七盤勝負郡山大会

2018年4月28日は前日交流会
2018年4月29日は郡山大会でした。

桑名七盤勝負郡山大会

七盤勝負とは?
下記URLを参照してください。
http://kuwanaiori.info/nanaban/
昨年2月から始まった競技です。

どうして郡山で大会が?
そんな桑名七盤勝負、
始まって一年足らずでなぜ郡山で大会をする運びとなったのかと言うと、
きっかけは昨年11月。

トライボーディアン→ねこまど七盤
の時、大川代表にあって、
はじめましてからの五分後に郡山支部長就任。
これは多分最短記録じゃないでしょうか。

その時に来年は郡山でも大会をやりましょう!となって
分かりました、やりましょう、と軽く引き受けてしまいました。

何人集まるの?
で、引き受けたはいいものの、どれだけ集まるのか
不安でしたが(代表BOTを入れて)16人集まりました。

U田さんとの出会い
転機は2月11日。
会場の下見を兼ねた練習会で郡山囲碁スクールのU田さんと出会い、
一気に話は大きくなりました。

いつの間にか七盤すべてを8レーンも揃えてたり、
マスコミに情報を投げたり、

この人がいなかったら郡山大会は成立しませんでした。


さて、そんなわけで始まった郡山大会、
自身の対局を軽く振り返ります。

前日交流会での公式戦 K岡さん(岩手支部長)
東北にできた二つ目の支部の支部長に任命されたK岡さんと。

オセロの棋譜は失念しました。。



一回戦 U田さん(郡山支部錬金術師) 囲碁勢
(この大会時点で)二人しかいない郡山支部員がいきなり対戦。。
これは謀られた。。


黒:O清水 白:U田さん 白投了



最近力を入れているバックギャモンで負けたのが心残り。

4-2で勝利。支部長の貫録を見せました。
ただ、前回の対戦より間違いなく差は縮まっているので次はどうなることやら。

二回戦 Nかむらさん 将棋勢
バックギャモンでは
自分はダンスを連発、
Nかむらさんはセミプライム(4-プライムだったかな?)を超えられず、と
お互い徳が足りないことが判明。
「徳が足りないですねー」「足りないですねー」
と言い合ってました。

ゲームは進み、

自分 連珠、オセロ、バックギャモン
Nかむらさん どうぶつしょうぎ、囲碁

あと一つ取れば勝ち。

残ってたのは将棋とチェスだったので
将棋を投了(盤面敗勢)してチェスに集中。

そのチェスでやらかしました。。

膠着状態となり、引き分け再試合を提案すべきところを
いや、これはまだいける、と強引に突っ込んだらバランスが崩れ敗北。

時間は自分の方が3分ほど多かったので
再試合なら勝てる可能性があっただけに惜しい敗戦でした。



黒:O清水 白:Nかむらさん 白投了



これで予選敗退。公式戦へ。

公式戦 A辻さん(七盤の覇者)
大会に参加してないのに京都からわざわざお越しくださった覇者と公式戦。

実力差は明白。なのでせめてオセロで一勝を…
と考えてたらオセロが終わる60手に行く前に
4敗(どうぶつしょうぎ、チェス、囲碁、将棋)しました。。
54手で終わるとか、将棋下手すぎる。。。
もっと囲いを覚えねば…


黒:O清水 白:A辻さん 決着つかず






優勝者はW田さん。初参加初優勝の快挙達成!
2位は前日に参加を決めたなにげさん。

どちらも七盤初参加での好成績は
参加をしり込みしている未来の七盤選手に
希望を与えたのではないでしょうか。


大会終了後は郡山駅前で打ち上げで親睦を深めました。








https://www.youtube.com/watch?v=pbPovtLwrJ8

参加してくださった皆様、
取材にきてくださった福島民友、福島民報、福島放送のマスコミ関係者
見学に来た皆様、

郡山大会に関わったすべての皆様に感謝致します。

ありがとうございました。


第2回の郡山大会も予定されてますのでお楽しみに。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gock97.blog39.fc2.com/tb.php/1033-3cc26954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: