FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

桑名七盤勝負初級クラスに参加しました

前日のトライボーディアンに続き
5日は桑名七盤勝負初級クラスに参加してきました。

http://oshama.sakura.ne.jp/nekomado2/

結果は14名参加で3位。

3日の第41回世界オセロ選手権チームJAPAN完全制覇
4日のトライボーディアンの佐谷さんのオセロ勢初の優勝に続けなかったです。。

うまく行かないものですね。

囲碁をもうちょっと勉強してれば違った結果になったかも、
と先に言い訳しておきます。

そもそも七盤勝負とは?

このブログに来られる方は桑名七盤勝負を
聞いたり見たりしたことはあるかもしれませんね。

七盤勝負とは

連珠
どうぶつしょうぎ
オセロ
チェス
9路盤囲碁
将棋
バックギャモン

を“同時”に対局する競技です。

トライボーディアンは“1競技ごと”に
囲碁、将棋、オセロをやりますのでここが大きく違う点。



この頭のオカシイ競技(褒め言葉)を考えたのは桑名囲碁将棋サロン庵の代表。
http://oshama.sakura.ne.jp/

代表とは4日の夜にどうぶつしょうぎcafeいっぷく
での前夜祭で初めてお会いしたのですが…

代表「では、郡山支部長に任命します」
私「分かりました」

と言うやり取りを経て郡山支部長に就任しました。


ちなみに出会って5分での出来事。
任命する方もする方なら受ける方も受ける方。。



今回の七盤勝負は初級クラスということでポイント制。
どちらかが4つ勝った時点でゲームは終わりです。
持ち時間は各30分。同時対局モード。切れ負け。

14名で二回対局をして、
ポイント順(同ポイントは残り時間の多い順)に
1位vs2位、3位vs4位、5位vs6位で決定戦。
上位にいれば3回対局できるということです。


一回戦 千葉支部長

チェスで相手にチェックの見落としがあり、まさかの勝ち。
(ビショップの筋にあるポーンを動かして、キングにチェックがかかった)

これが七盤勝負の怖さですね。
ずっとその盤面を見てるわけじゃないので、
将棋やチェスの王手放置や連珠の四をついうっかり見落としがあるんです。

囲碁はお互いにアタリを気づかずに進行。。
局後、審判に解説をされて納得しました。



4-0で勝ち。
連珠 ○(四の見落とし)
どうぶつしょうぎ ○(トライルールで逆転勝ち)
オセロ -(決着つかず)
チェス ○(チェック放置)
9路盤囲碁 ○(アタリにお互い気付かず)
将棋 -(決着つかず)
バックギャモン -(決着つかず)

この対局はあとでYouTubeにアップされるそうです。


二回戦 今大会の優勝者

ポイントとなったのは囲碁。

囲碁はよく知らない同士で、
お互いにアタリのある、地が不安定な状態でパスをして対局終了。


審判も判定に悩む、微妙な局面だそうです。

日本棋院の規則では黒の地がない、と判断されるそうですが、

・私は相手がパスをしたからきっと黒地は確定してるんだ、と思い
・白負け(自分が負け)と判断してパスをしたし
・実際に黒がツイでいれば黒地が多い

と、言うことで審判のジャッジで黒勝ちとなりました。

この辺りは七盤勝負のルールを詰める必要がありそうですね。

これで3-3となり、残りは敗勢の将棋だったので即投了。

七盤勝負二回戦

3-4で負け。
連珠 ○(四追い勝ち)
どうぶつしょうぎ ×(何事もなく負け)
オセロ ○(普通に勝ち)
チェス ×(一手頓死)
9路盤囲碁 ×(アタリに気付かず終局)
将棋 ×(投了)
バックギャモン ○(普通に勝ち)

この対局もYouTubeにアップされるそうです。

三位決定戦 北尾まどかさん(将棋の女流プロ)

最終戦は北尾まどか女流二段。

どうぶつしょうぎの開発者で
今大会の会場ねこまど将棋教室のオーナーとの対戦。

普通ならまず対戦できない将棋のプロと
対戦できるのが七盤勝負のいいところですね。

お互い目一杯時間を使った、白熱したゲームとなりました。

どうぶつしょうぎ、連珠、オセロを私が取り
囲碁、バックギャモンを北尾先生に取られ

残ってるのは将棋とチェス。

将棋は当然敗勢、
チェスは少しだけ有利、
残り時間は私1分、相手3分
と、お互い時間に急かされながら指してる状況。

将棋はどうやっても負けなんだから、と王手。
これを北尾先生が見落としてまさかの勝ち。
見落としを狙ってたわけではなく、
せめて一度くらい王手をしたい、と指した一手でした(´Д`)
北尾先生、スミマセン。。

七盤勝負三位決定戦

4-2で勝ち。
連珠 ○(白で受け切って勝ち)
どうぶつしょうぎ ○(一瞬の隙をついて勝ち)
オセロ ○(かろうじて勝ち)
チェス -(決着つかず)
9路盤囲碁 ×(何事もなく負け)
将棋 ○(王手放置で勝ち)
バックギャモン ×(いつの間にか負け)

と、言うわけで三位入賞しました(`・ω・´)




景品はねこまど将棋教室の将棋盤。

最終結果

大会後はねこまど将棋教室の下にある中華料理屋で懇親会。

そしてここでも出てくるボードゲーム。。

みなさん、好きですね。。



この七盤勝負はまだまだ発展途上。

トライボーディアンよろしく
七盤勝負でもいずれガチ勢が出てくるでしょうけど、

クラス分けと審判のサポートがあるので
ルールを知ってるだけの競技があっても安心して楽しめますよ。

特にオセロ勢が少ないのでどんどん出てきてほしいですね。


スポンサーサイト





第3回グロービス・トライボーディアン選手権に参加しました。

11月4日、トライボーディアン名人戦クラスに参加しました。

トライボーディアン

トライボーディアンとは囲碁、将棋、オセロを同じ人と続けて勝負する競技です。
実盤を使わずにアプリを使っての対局なのが特徴。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://book.mynavi.jp/gtb/2017/

トライボーディアン会場

一昨年から始まって今年で3回目。
年々レベルも参加人数も上がってるそうです。

今回の参加者は100人位。

オセロ勢も10数名くらい参加してたのかな?
全員は把握できてません。。


私の棋力はと言うと、

囲碁:終局判定がなんとかできる、手筋はほぼ知らない。
将棋:詰め将棋は簡単なのを毎日解いてる。定跡、手筋は知らない。
オセロ:六段。一般人にはまず負けない。

早い話がオセロ以外は勝てる見込みなしと言うことです。

結果は

囲 碁:××××××
将 棋:×○××××
オセロ:○○○○○○

と、7勝11敗。ほぼ予想通り。
唯一違ったのは将棋で1勝できた事。

トライボーディアン将棋

たまたま浮いた銀を狙う手が成立しました。

これでトライボーディアン1級を取得。


対局後はお互いの得意競技を
お互いに教えあったりできるのがこの大会の醍醐味ですね。

二回戦以降はみんな囲碁勢だったので
囲碁のコツや考え方などを教えて頂きました。

あと、一種目で全勝した方は将棋か囲碁のソフトを貰えると言うことなので…

トライボーディアン囲碁ソフト

囲碁ソフトをいただきました。

これで勉強します。



過去2回の優勝者は将棋勢。

今回は佐谷さんがオセロ勢初の優勝!
おめでとうございます。

最終戦に強豪相手に3タテして一気に捲ったそうです。

表彰されたトップ20にオセロ勢が結構入ってましたね。
参加比率を考えると大健闘じゃないでしょうか。
この大会でオセロが強いのは大きなアドバンテージになるのかな?



このような楽しい大会を企画、運営してくださった
株式会社マイナビ出版様、グロービス様、
日本将棋連盟様、日本棋院様、
そしてトライボーディアン協会会長のアプリ開発者棚瀬寧さん、
ありがとうございました。

来年もあるならまた参加したいですね。


第41回世界オセロ選手権観戦最終日

世界戦が終わりましたね。


無差別の部はまるでドラマみたいな展開。

初出場ながら快進撃を続けるあっくんこと高橋五段(小学6年生)と
世界を4回制覇している高梨九段との決勝戦。

史上最年少優勝か5回目の優勝か、
間違いなくオセロ史に残る大激闘は
高梨九段が貫録の優勝で幕を閉じました。

https://www.youtube.com/watch?v=O82Acmlu9uY


女子の部は菅原五段が優勝!
東北ブロックから2年連続で世界一が出るとは…感無量(T_T)




ユースは高橋五段が、団体戦は日本チームが優勝で

日本が完全制覇の快挙。


ハイレベルな、しびれる対局が続き
観ているだけでも疲れました。

相手を一気に抑え込む力強い対局、
相手を一瞬で切り落とす鋭い対局、
相手を緻密な読みで上回る対局、

など
上質な対局を見てると熱が上がってくるのを感じますね。
この熱は明日(もう今日か?)のトライボーディアンにぶつけます。


世界戦に関わった皆様、お疲れ様でした。
そして、

高梨九段、菅原五段、高橋五段
おめでとうございます!






第41回世界オセロ選手権観戦二日目

二日目、予選が終了しましたね。

日本チーム、チーム戦13連覇おめでとうございます。
当たり前のように連覇してますが、
最終戦までどうなるかわからない状態でしたね。


個人では何と言ってもあっくん。

予選上位に行くとは見てましたが、
まさか予選一位で突破するとは…

正直言ってここまでは想像していませんでした(;´・ω・)
これで谷田七段の最年少優勝の記録更新も掛かります。

子どもの成長速度はほんとにすごいですね。

高梨九段も当然のごとく通過。


決勝は高橋と高梨、紛らわしい苗字対決になったら解説陣が混乱しそう。。


女子の部では菅原五段が苦しみながら最終戦を勝って自力で女子2位通過。
明日の決勝トーナメントが楽しみです。

YouTubeでは三屋七段と大森六段、ごはんさんがとてもわかりやすい解説。

解説以外にも
オセロニアの対戦やオセラーあるあるなどいろんな企画があって、
観てて楽しかったです。

栗田八段、福永七段、お疲れ様でした。

世界戦もあと一日、決勝トーナメントを残すのみ。

勝ち残った選手がベストを尽くせますように。


第41回世界オセロ選手権観戦一日目

ベルギーのゲントで第41回世界オセロ選手権が開催されてます。

https://woc2017.worldothello.org/

今年はYouTubeでライブ配信もされてます。

http://www.othello.gr.jp/special/9808

世界戦のPVといい、年々豪華になってますね。
https://www.youtube.com/watch?v=KuD0ZTmHzYY

日本選手団は流石の上位。

特に圧巻はあっくん。
一日目最終戦で高梨九段に敗れ惜しくも全勝はストップなれども
6勝1敗はとてもユースの成績とは思えないですね。。


菅原五段も勝ち越して、女子トップをキープしてていい感じ。


明日は大森六段と三屋七段の解説付の配信もあるようで
そちらも楽しみです。




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: