FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第95回仙台オープン結果

結果です。

一回戦 S藤四段 黒 ○
二回戦 F塚無級 黒 ○
三回戦 S原五段 黒 ○
四回戦 H﨑1級 白 ○
五回戦 W田(真)三段 黒 ○
六回戦 F田1級 白 ○

で全勝優勝しました。

前日に小学生向け強化練習会で
一日掛けて教えてヘロヘロになってて、
こういう時は大体良くない結果が待っている
(去年は52石損の大悪手をやらかした)
ものですが、どうにか負けずにすみました。

今回は1級の二人に特に大苦戦。
どちらもごまかして2石勝ちと薄氷の勝利。

参加された皆様、お疲れ様でした~
スポンサーサイト


3回目の強化練習会終了

早いもので今年で3回目となりました、
東北オセロ小学生強化練習会。


3回目ともなると要領もわかってきてるつもりですが、
自分の教え方一つで子どもたちの可能性が大きく変化してしまう、
と思うと緊張します。


助手のS原五段、W田(真)三段、O黒澤二段、M永二段には相当助けられました。
子どもたちが問題を解いてるときに一人一人に寄り添って
親身に教えてて、より理解が深まったのじゃないかと思います。
痒い所に手が届く、といった感じですね。


教えたいことは全部教えたので、あとは本人たちのがんばり次第。


あと1週間でどこまで伸びるのか、
来週のオセロ小学生グランプリ決勝大会が楽しみです。



第45回全日本オセロ選手権結果

結果です。

一回戦 O島無級(東京) 白 ○
二回戦 Y野二段(近畿北陸) 黒 ○
三回戦 O郷三段(神奈川) 白 ×
四回戦 K形五段(東京) 白 ○
五回戦 O森六段(神奈川) 黒 ×
六回戦 S本初段(神奈川) 黒 ○

で、フリークラス4勝2敗13位タイでした。

時間の使い方が下手になってる気がします。。

6局中5局の対戦相手が関東圏で、2敗はいずれも神奈川。
神奈川ブロックはレベルが高いので納得はしてます。
一敗の後なぜか高段者が続いたのは納得してないですが。。

心残りは楽しみにしてた台頭著しいジュニアプレイヤーと
対戦が出来なかったこと。
楽しみは王座戦に取っておくと言うことで。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

女子の部でS原さんが優勝したのは嬉しかったですね~
自分の最終戦が終わった後は女子の部決勝がどうなったのかが
気になって気になってヤキモキ。

結果を聞いたときはちょっと泣きそうでした。


大会に関わった皆様、お疲れ様でした~


第179回流山オープン参戦記その2

続きです。その1はこちらから。

四回戦 S野女流六段 黒持ち 分勝ち自分
まだ一回も勝ったことないんですよ~、とS野さん。
ずっと前(14年前)に負けてるんですけどね…

ノーカンから変化。


黒番 ◯g7まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

黒優勢の局面。形からすれば●g4が手筋。
実際その手が最善で何の問題もなかったのですが、
先にこっちでも同じかな…、と●g3に着手。
これは緩手で、まだ黒が勝っていますが
この手を境に局面が難しくなり…


黒番 ◯d1まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

完全に優劣不明で黒にとって優しくない局面。
長考するも勝ち筋を見つけられず、ここで敗着。

S野女流六段に14年ぶりの敗北。


五回戦 I十部二段 黒持ち 分勝ち相手
伏せ石を当てられ、分勝ちを取るI十部二段。
ここまでずっと取ってた分勝ちを取られて嫌な感じがしつつ対局開始。


黒番 ◯f1まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

●b6なら
◯a7→●g1(このとき斜めが返らない)
◯d1→●a5→◯a6→●b1
◯c1→●g1で充分。
だったのですが、実戦は●g1。
白はc1でもd1でも問題ない、と判断しての着手でしたが
白はb1。この手を見落としてました。
その後、お互い時間もなく悪手を打ち合って下図。


黒番 ◯b7まで
(※Putをクリックすると置くことができます)
●h7◯h8●a8◯a7●g2◯h1を数えて黒が32石あることを確認。
分勝ちは自分が持ってたはず、と思い込みこの手順を選択しその通り黒32石。

よし勝った!と思いきや…分勝ちの権利はI十部二段 Σ(゚Д゚)
ここまでの4試合で全部分勝ちを持ってたので
この対局も当然自分が持ってると勘違いしてました。。

しかもこの手順が最善なら諦めもつくのですが、
●a7から黒4石勝ちの局面でした。。


長く競技オセロに関わってますが
分勝ちの権利を勘違いして負けたのは初めてです。
情けない…(´・ω・`)


六回戦 A初段 黒持ち 分勝ち自分
最終戦は先月の水戸黒獅子戦でも対戦したA初段。

私がよく使う進行からあまりよくない変化となり、
そのまま押し切りました。

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

気付いたらあさっては第45回全日本オセロ選手権。

結果を求めるのは当然として、
後悔しない対局をしたいですね。




第179回流山オープン参戦記その1

軽く振り返ります。

一回戦 T橋(史)1級 黒持ち 分勝ち自分
T橋(史)1級が蛇を受け損ない、一気に形勢が傾き、大差勝ちとなりました。


二回戦 N村三段 黒持ち 分勝ち自分
難敵。ベルグタイガーからやや不利のまま終盤。


黒番 ◯c7まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

局後、指摘されたのは●b8→◯g8→●b7と粘る手順。
言われた通り、逆転の可能性があるのはこの●b8だけでした。

実戦は●h2で勝負あり。



三回戦 S藤三段 黒持ち 分勝ち自分
去年12月の水戸耐久戦以来の対戦。


黒番 ◯h7まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

●f3を打ちたいところですが◯g7のストナーがあるので即却下。
かと言って他の手はどう打てばよいか構想が立てられず、
迷った挙句の●b3は悪手。◯b4とされ、また困りました。。

正解は●d3。


その後、まやかしの一手が決まり、局面は乱戦模様。


白番 ●a1まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

白2石勝ち形勢も難しい局面。
ここで逆転し、黒6石勝ちとなりました。

ちなみに白勝ちは2つあり、構想がまったく違いますので
考えてみると面白いと思います。

続きます。


オセロ多面打ち@郡山わくわくフェスタ

7月2日(日)、郡山駅西口でオセロ多面打ちを行いました。

仙台、水戸に続いて
自分が今まで担当した多面打ちは宮城県仙台市と茨城県水戸市。
福島県郡山市は初めて。

ご縁がつながって
今回の多面打ちはご縁がつながって実現の運びとなりました。
関係者の皆様、ありがとうございます。多謝。

飲み物
多面打ちに必須のもの、それは飲み物。
こまめに水分補給をしないと途中でバテてしまいます。
そんなわけで自販機に。
何がいいかな…、できれば爽やかなのがいいな…、ん?
ふと目に入ったのは

天然水使用の文字。

爽やか!よし、これにしよう!

ピッ、ガシャン。

よしこれで準備万端!

……ん?

いろはす炭酸水

炭酸水…だと…?
これを飲みながら多面打ちなんてどんな苦行だ…。
まったく気付かなかった(;´д`)

遊びに来たY島三段が炭酸じゃない天然水を持って来て助かりました。

強力な助っ人
当初はS佐藤(久)四段と2人だったのですが、
ふくしまボンガーズフジナッツ健初段
が応援に。

場を盛り上げてくれました。

色を変えて
とあるお子さんとの対局。
私(黒)が確定石を増やし、勝負は決した場面。
すると相手が打ってきたのは黒Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
待て待て待て待て。。

ここから色を変えられたらいいのにね〜、と冗談っぽくママさん。

それされたら勝てませんよ(^_^;)

痛恨の返し過ぎ
手つきが覚束ないお子さんとの一局。


黒番
(※Putをクリックすると置くことができます)

b3に着手して横に3つ返して…


白番
(※Putをクリックすると置くことができます)

こうなるはずが…


白番
(※Putをクリックすると置くことができます)

d2の白石まで返そうとするし。。
もちろん、すぐに指摘しました。

六面打ち、七面打ち
お昼を過ぎると大盛況なのはどこも一緒ですね。
ついさっきまで全然いなかったのに
突然どばっと押し寄せてあっという間に六面打ち。

S藤(久)四段はさらに1人増えて七面打ちしてました。

危険な局面
その六面打ちから。
一局だけやたら打ちにくくなってしまって、
かなり危険な局面に。
さらにフジナッツ健初段が一手10秒のハンデまでつけてさらに危険に。。
勝負を掛けたX打ちが功を奏しました。

才能発掘?
人がまばらになった時間帯には指導対局してました。
何度も来た子にちょっとコツを教えたら
あっという間に正着を打つようになるし。。
子どもの成長速度はほんと凄い…

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

こんな感じで地元郡山での初めての多面打ちは終わりました。
このわくわくフェスタは毎年行われているので、
来年以降も続けたいですね。



第179回流山オープン結果

結果です。

一回戦 T橋(史)一級 黒 ○
二回戦 N村三段 黒 ×
三回戦 S藤三段 黒 ○
四回戦 S野六段 黒 ×
五回戦 I十部二段 黒 ×
六回戦 A初段  黒 ○

で3勝3敗、14位/38人でした。

四回戦でS野六段に(多分)14年ぶりに敗北すると、
唯一引き分け勝ちが取れなかった五回戦で引き分け負け。。

来週の全日本に不安を残す結果となりました。

救いは敗因がはっきりしていることと
そのコントロールが可能な範囲にあること。

残り一週間切ってますが、修正掛けて万全の状態で全日本に臨みます。


第45回東北ブロック予選参戦記その2

続きです。

四回戦 Y島三段 黒持ち 分勝ち相手
虎からの変化の対応を誤り一瞬危険な局面になるも持ち直し、
手数を稼いて黒を手詰まりに追い込み。快勝となりました。


五回戦 S原三段 白持ち 分勝ち自分
伏せ石で勝ったので分勝ちを選択。
色を悩むS原三段に“ちなみにここまで全部黒ですよ~”と言ったら
“じゃあ、黒で”と、今大会唯一の白持ちになりました。
天の邪鬼ナス…。

先日の水戸黒獅子戦でも経験した序盤から外れた直後の局面。

白番 ●g5まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

黒が横に中割をしたところ。
b3、c7、f2など黒に好手があり、真っ先に目に付いた◯c7に着手するも悪手。
ここは◯b6が互角を維持する唯一の手でした。
これなら●b3、●f2は打てなくなり、●c7は打ちづらくなります。

この手を境に黒有利に。

その後、S原三段のどうしても打ちたかったX打ちで差が縮まるも
逆転には至らず。

これでいよいよ後がなくなりました。


六回戦 O崎三段 黒持ち 分勝ち自分
最終戦。2敗してるので負けたら通過はまずない状況。
しかも相手は東北名人戦決勝で敗れたO崎三段。

序盤から定石を外れた力勝負の展開に。


白番 ●h5まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

中辺の横取りの◯g6が正解。
これで右辺は
・●h6→◯h4→●h2で右辺を黒のウイングにする
・●h4→◯h6でh2を白の余裕手にする
のどちらかの展開で、どっちも白充分。

実戦は◯h4。
●h6→◯h7→●g6と右辺が白のウイングになり、
正解よりは劣ります。


ただ、形勢は思ったより開いておらず、
お互いギリギリ一手凌ぐ展開が続きます。


黒番 ◯c1まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

このc1でg5の黒石を白くしたため黒は●g2から右上で手数を稼げる形になり、
石損しながらも勝つことができました。



第45回東北ブロック予選参戦記その1

軽く振り返ります。

一回戦 S藤(久)四段 黒持ち 分勝ち相手
初戦はS藤(久)四段。いきなり山場を迎えました。

予想とは違う序盤から互角で進み、下図。

黒番 ◯b7まで
(※Putをクリックすると置くことができます)
黒がh1と隅を取り、白がb7としたところです。
ブラックラインが簡単に切れない
(d1、f1に石があって斜めに切れない、d3が白いため◯b1でラインが切れない)
のを活用して、●c8→●a8の連打ができないか、長考。

●h6→◯h4→●g7→◯h8→●c8→◯h7→●a8で
右下を捨てて、左下を連打し白に手番を渡せば
左上でわずかに黒が得できる
(◯b2なら●b1でb列を確保、◯c1なら黒はe1、g1、h2のどれかに
打って白にb1かb2を強制させる)と考え、●h6に着手。

実戦も想定通りに進み、
●a8以降◯g1→●h2→◯b1→●c1→◯b2→●a1→◯e1
で黒2石勝ちとなりました。


局後解析したところ、実は●h6は逆転の悪手。
◯b2!という返しがあり、●a1→◯c8→●a8→◯h7と
右辺、下辺、左辺を全部捨てて、偶数理論に持ち込み
白2石勝ちとなります。
この手順を実戦で正確に読み切るのは容易ではないですね。


二回戦 T本四段 黒持ち 分勝ち自分
続いてはT本四段。
お互いに選択肢が常に3~4個ある悩ましい局面が続いて、
T本四段に悪手が出たようで、思いがけず楽な終盤となりました。


三回戦 I島七段 黒持ち 分勝ち相手
伏せ石を外し、I島七段は分勝ちを選択し、自分は黒を選択。
この伏せ石が勝敗を左右することになります。

蛇から急戦となり、早めのX打ち、大胆な引っ張りを経て下図。


黒番 ◯a5まで
(※Putをクリックすると置くことができます)

●h1◯h2●b1で白に手番を渡せば
“◯e8●d8と下辺を埋めてから”◯b7となり、
そうなれば●a7で7列を確保できて黒残るか…?
と思案。

しかし下辺を埋めるのは思い込み。
実戦はダイレクトに◯b7ときました。
以降はお互い最善で引き分け。
分勝ちの権利を持ってるI島七段の勝ちとなりました。

上記局面は●e8が正解。
◯d8は左下が末國トラップになるので打てず、
◯h1●h2◯b2とするも●a1◯b2●a6で黒がごり押しで勝てます。

これで一敗。
無差別通過のためにはもう負けられません。

続きます。




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: