FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第4期東北王座戦結果

昨日は東北王座戦でした。

昨日のうちに書くつもりが
やることやってちょっと横になったら朝になってました。。

結果です。

一回戦 Y田三段   ○
二回戦 S藤久三段  ○
三回戦 H内女流五段 ○
四回戦 不戦勝
五回戦 Y島三段   ×

で、3勝1敗の2位でした。

最終戦は全勝対決で、勝ったほうが優勝と分かりやすい図式になりました。

…序盤で死にました。。
どうにか粘りに粘ってあと一歩まで追い詰めましたが、2石届かず。

Y島三段、おめでとうございます。


それにしても先週の仙台オープンも、今週の東北王座戦も、
序盤で敗勢→そのまま押し切られる
パターンが増えてます。

序盤を重要視せずにここまで来たのですが、
これはいい加減、序盤も強化しないといけないということなのでしょうか…?

次は約一ヶ月後の6月24日の東北ブロック予選。

それまでに調整を兼ねてどこかに遠征するかもしれません。

スポンサーサイト


第55回仙台オープン結果

先月の仙台オープンは他ブロックからも多数参加していただいたのですが、
今月は一転して全員が東北ブロックのメンバーでした。

とはいえジュニアグランプリが近いせいか
小学生が想像以上に参加してくださって、急遽二部門での開催となりました。


結果です。

一回戦 K茂無級  ○
二回戦 S藤久三段 ○
三回戦 H崎無級  ○
四回戦 S藤伶初段 ×
五回戦 O黒澤初段 ×

で3勝2敗、4位。

見事に後半失速しました。。

東北の若手2人(どっちも中学生だったかな?)にやられました。

若い人たちが育ってきているのはうれしいのですが、それでも


若手の成長<<<(省略)<<<負けた悔しさ


という状態で、
まだまだプレイヤーとしての気概はなくしてはいないみたいです、自分。

2人ともしっかり考えて打っていた(ような印象を受けた)ので
今後に期待が持てますね。


明日の金環日食のために今日は早めに就寝します。
参戦記は明日以降に。


明日は仙台オープン

気が付いたら明日です。。

ついこの間大会があったような気がするのに…


大会案内などを見ると今日は水戸、館林、品川、名古屋で大会が、
さらに東大で五月祭もあるようですね。

水戸か館林あたりに行こうかと考えてましたが、
金曜までに終わらせるつもりだった作業が終わらず、
これから一人さみしく休日出勤です。。
今日中に終わらせないと明日、仙台オープンに出れなくなるので
集中してさっさと片付けます。


参加される皆様、明日お会いしましょう。



オセロニュース107号とGW

4月30日に届いてました。

GW後半はほとんど雨の予報で、引きこもって過ごすことになりそうです。

4日に水戸と流山で大会があるようですが雨の中
出歩きたくないのでたぶん参加しません。


そんなわけでオセロニュースを久々にじっくりと眺めて、
棋譜並べをしています。
問題集がないのがちと残念。

で、無差別決勝に進出した二人の棋譜を並べてたのですが、
10ページA4回戦の棋譜。
この棋譜、A1回戦のですね。。

4回戦はブック進行という解説なので、
途中の盤面でわかる人は進行がわかるんでしょうけど、
私には何がどうしてこうなったのかさっぱりです。


あと、詰めオセロの解説の3図。

白がh7打った時にななめ(cライン)を返し忘れていますね。。
黒の絶妙手順が成立しなくなるわけではないのですが、
5図のあと○g7●h8○b3で黒はa3と打てない(g3が白くなっている)分損してます。


既に気付いている人も多数いるんでしょうけど、
目についたので記事にしておきます。


第54回仙台オープン参戦記

震災後初の東北ブロックのオープン大会となった
今回の仙台オープンはブロック内外から16名も集まりました。


簡単に振り返ります。


一回戦 T木四段 白
なんでいきなり。。

\abcdefgh
1+○○○+●++
2++○○●●++
3●●○○○○○+
4●●●●●○○+
5●●●●○○+○
6●●●○●●++
7++●○●●++
8++++++++
白番

下辺にのみ意識がいってしまい、
c8かe8かg6か悩んで結局○g6。
黒は当然のように●g2のストナー。
恥ずかしいのですが、打たれて初めて気づきました。。
ただ、●e1の後○b2があるからまだ勝負になるはずと必死に喰らいつきます。

\abcdefgh
1+○○○●●++
2+○○●●●●+
3●●○○○●○+
4●●●○●○○+
5●●●●○○+○
6●●●●○○○+
7++●○●●++
8+++○+●++
白番

○c8は●e8でブラックラインを通されてしまうので
仕方なく○a2。

\abcdefgh
1●●●●●●+○
2●○○●●●○+
3●○○○○○○+
4●●○○○○○+
5●●●○○○+○
6●●●●○○○+
7++●○●●++
8+++○+●++
黒番

●h3だとg1とh2が見合いになるので打たれたくなかったです(実際黒6石勝ち)
実戦の●g5は逆転の手。○g1に●c8。

\abcdefgh
1●●●●●●○○
2●○○●●○○+
3●○○○○○○+
4●●○○○●○+
5●●●●●●●○
6●●●●◆●○+
7++●◆●●++
8++◆○+●++
白番 黒c8まで


入るか(e8)、入らないか(b8)のどちらかですが、
・入らなければa7、a8、b7、e8が四個空きで最後黒はb7から打たざるを得ない
・右側は偶数にまとめられるだろう
と考え、e8をまったく考慮せず○b8。
これが敗着となりました。
●h6で下図。

\abcdefgh
1●●●●●●○○
2●○○●●○○+
3●○○○○○○+
4●●○○○○○+
5●●●●○●●○
6●●●○●●●●
7++○●●●++
8+○○○+●++
白番

h4、h7、b7を考えました。

○h4は偶数理論に従った一手ですが、
そうするとf6、e7が白くなるため●g7とこの対局二回目のストナーが炸裂。
○h7は●h4から右辺を取られてダメそう。
○b7だと●h2のあと○e8とできない(7行が真っ白でa7a8を黒連打)

と、どれもいまいち。
(h4は黒+8、h7は黒+6、b7は黒+4)

時間も迫ってたため考えがまとまらず、打ったのはストナーを受けて立つ○h4。
●g7に○a7●e8○h8と偶数にまとまりましたが
下辺を取られたのが大きく、白6石負けとなりました。


ちなみに敗着となった○b8の正着は○e8です。
●h6○h4●g7○a7と実戦と似たような進行になりますが、
下辺を守れる分、白がわずかに残っていたようです(白2石勝ち)


二回戦 S藤三段 白
序盤の展開を間違えたみたいで不利になって以下の局面。

\abcdefgh
1++++++++
2+++◇++++
3++◇●◇○○+
4+○●●●○++
5+○○●○○○○
6+●●●○○○+
7++●●●+++
8++●●+●++
黒番

●f7に打たれたら苦しいな、と思ってましたが実際その手が最善でした。
実戦は●e2。
この手を境に黒が乱れ始め、最後は大差になりました。


三回戦 K田三段 黒
K田三段とは今年2回目の対局。
蛇からの進行がハマって一方的に終わりました。。


四回戦 T中四段 黒
翌日仕事なのに静岡から駆けつけてくれたたなか@とうかいさん。
全日本のリベンジをします、と言ってましたが
すでに去年12月の水戸定例会で私をコテンパンにしていることを
忘れていたようです。。

序盤は蛇。
いきなり白が単独C打ちをする展開で、
きちんと咎めて黒有利なまま下の局面を迎えました。

\abcdefgh
1++○●+●++
2++○●●●+●
3○○●○○○●●
4○●●●○○○●
5○●●○○○●●
6○+○○○○○●
7○+○○○○++
8+○++○○○+
黒番


●b1○e1●h7で黒勝てると読んでましたが
この●h7は逆転の手でした。
手順は省略しますが左下で黒が連打するために
上辺右辺下辺、さらに左の中辺(b列)まで犠牲にしてしまい、
黒4石負けとなるそうです。

実戦は●b1のあと時間に追われたたなか@とうかいさんは○b2と打ち
事なきを得ましたが、危ないところでした。

ちなみに上の局面では●b6が+12、●b1が+4です。
余裕手が消えるから、というだけで●b6を却下してしまうあたり、
まだまだだなぁ、と反省させられるゲームでした。


五回戦 G藤三段 黒
最終戦を前にして全勝はG藤三段ただ一人。
ただし、ポイントでは一敗の私のほうが上だったので
勝てば逆転する状況。

G藤三段とはどうも読みがかみ合わないようで
毎回苦戦させられます。
(もっとも私と読みが合う人なんてそうはいない気もしますが。。)


今回もその例にもれず読みにない手の連続で、
小考を繰り返しながらの展開となりました。

\abcdefgh
1+++○++++
2++●○○++●
3○+●○○○●●
4○○●●●●●●
5○○○●○●●●
6○○○○●●●●
7++○○○●++
8++○○+●●+
黒番

ここで長考して●a7に。
○a8●b8○b7●b3で

\abcdefgh
1+++○++++
2++●○○++●
3○●●○○○●●
4○●●●●●●●
5○●●●●●●●
6○●○●●●●●
7○●○○○●++
8○●○○+●●+
白番

b8に打ったときe5を黒くしてラインを通しているのがミソ。
これに気付いたG藤三段、ボヤキだしました。

実際は白(G藤三段)の勝ち局面なんですけどね。。

この後、○g7に●g2(どちらも最善)で対抗し局面を難しくして
G藤三段のミスを誘い、辛くも逆転勝利となり、

震災後初の仙台オープンで優勝を飾ることができました。




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: