FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第32期東北名人戦参戦記 その三

間が空きましたが続きです。

四回戦 S々木三段 白

決勝進出のためには負けられないところでの相手はS々木三段。

序盤は兎→横兎。

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3+●●+○○++
4+○●●○●++
5++○●●+++
6++○◇◇◇++
7++++++++
8++++++++
黒番 白f6まで

この局面で白が狙っているのはd2で、黒は強引に消すc7が正解。
この手は知らないとなかなか打てないですね。

もちろん黒のS々木三段は正着をノータイムで打ってきました。

\abcdefgh
1++++++++
2+++●++++
3+●●●○○++
4●●●●○○++
5●●○○○○++
6●●●○○○++
7++○●○+++
8+++○+●++
白番

実戦で打った○c8は
d7の黒石を返して●f7が打ちやすくなるので
気が進まなかったのですが、黒にc8を打たれたくなかったので
やむなくの一手。

○b7なら●c8を防ぎつつ●f7には○e8で充分で有利でした。

互角のまま進みますが勝負を分けたのは下の局面。

\abcdefgh
1+++○++++
2++◇○++++
3+●◇○○○++
4●●◇○○○++
5●●◇●●○●+
6●●◇○●●●●
7++○○○●++
8++○○+●++
黒番 白c2まで

ここでS々木三段が長考。

私は
●e8は普通に○g8、
●g4は○g3でよし。
●e2には○e1で問題ないし、
a2に余裕手もあるから大丈夫だろうとみてました。

が、実戦で打たれたのは●b2。

\abcdefgh
1+++○++++
2+◆○○++++
3+●◆○○○++
4●●○◆○○++
5●●○●●○●+
6●●○○●●●●
7++○○○●++
8++○○+●++
白番 黒b2まで

「これは賭けでした」とは局後のS々木三段。

今、改めてみると十分ある手ですが
対局中はまったく気付かなかったです。。

このラインはいつでも切れる、と考えて
だったら伸ばしておこうと安易に打った○h4が敗着。

\abcdefgh
1+++○++++
2+●○○++++
3+●●○○○++
4●●○●○○+◇
5●●○●●○◇+
6●●○○●◇●●
7++○○○●++
8++○○+●++
黒番 白h4まで

当然の●g7に○a3で切り。
通しを復活させる●e1に○e2で●a2○f1。

\abcdefgh
1+++○○○++
2●●○○○+++
3●●●○○○++
4●●●●○○+○
5●●○●●○○+
6●●○○●●●●
7++○○○●●+
8++○○+●++
黒番

このあたりで切れないことに気付きましたが後の祭り。。
●h5○g4●g3で…

\abcdefgh
1+++○○○++
2●●○○○+++
3●●●○○○+●
4●●●●○○○●
5●●○●●○●●
6●●○○○●●●
7++○○○●●+
8++○○+●++
白番

完全に通りました。。。

後はさらに自ら傷口を広げてしまい敗北。
スポンサーサイト





第32期東北名人戦参戦記 その二

三回戦 Y木無級 白

イタリアンクロス(浦流)で始まったこのゲーム、
互角のまま終盤。

\abcdefgh
1+++++○++
2++●●●○+◆
3●●●●●●◆◆
4●●●●●◆●◆
5●○○○●●●●
6●●●○○○○+
7++○○○○○+
8++○○○○+○
白番 黒h2まで

ここで敗着が出ました。

それは○c1。

恥ずかしい話ですが斜めが返らないから、
という理由だけで打ちました。。
対して黒はg2。

\abcdefgh
1++◇++○++
2++◇●●◆◆●
3●●◇●●●●●
4●●◇●●●●●
5●○○○●●●●
6●●●○○○○+
7++○○○○○+
8++○○○○+○
白番

右下に逆偶数の種があるから当然と言えば当然の一手です。
どうにか逆偶数を解消しようと○b7としても
そんな手には乗らず●a8(●a7だと○h6で偶数形)
以下手止まりをすべてで打たれ敗戦。


翻って○c1と打った局面ではe1と打つべきでした。

参考局面
\abcdefgh
1++++○○++
2++●●○○+●
3●●●●○●●●
4●●●●○●●●
5●○○○○●●●
6●●●○○○○+
7++○○○○○+
8++○○○○+○
黒番 白e1まで

これでもg8の余裕手が効いて黒勝ちに見えますが
●d1○h6●g2○h1●g1となって下図。

参考局面
\abcdefgh
1+++●●●●○
2++●●●●●○
3●●●●○○●○
4●●●●○○●○
5●○○○○●○○
6●●●○○○○○
7++○○○○○+
8++○○○○+○
白番

黒の余裕手が2つに増えてます。。
が、うまく解消する手順があります。
どこでしょう?










正解は○a7。

参考局面
\abcdefgh
1+++●●●●○
2++●●●●●○
3●●●●○○●○
4●●●●○○●○
5●○○○○●○○
6●○●○○○○○
7○+○○○○○+
8++○○○○+○
黒番

素直に●a8とすると○b7で、
g8かh7のどちらかが必ず白が打てるようになりますし
(●h7のとき横まで返る)
b8の余裕手は左上の5個空きで相殺されているので問題ありません。

\abcdefgh
1+++●●●●○
2++●●●●●○
3●●●●○○●○
4●●●●○○●○
5●○○○○●○○
6●○○○○○○○
7●○○○○○○+
8●+○○○○+○
黒番


かといって●h7は○a2となり、

\abcdefgh
1+++●●●●○
2○+●●●●●○
3○○●●○○●○
4○●○●○○●○
5○○○○○●○○
6○○●○○○●○
7○+○○○○○●
8++○○○○+○
黒番

●b2○a1を入れてから(ダイレクトに●b8は○b2が強烈)
●b8○a8●b7と逆偶数にしますが、
4辺のほとんどを取られてはさすがに足りません。


もちろん、対局中も局後もこの展開は全く気付かず、
家に帰って見直して分かったことです。。




ちなみにY木さんは5年くらい前に品川の大会に出たことがあるそうで、
図らずも品川のレベルの高さを思い知ることになりました。


まだ続きます。


第32期東北名人戦参戦記 その一

一回戦 K藤無級 黒
大会初参加となるK藤さんとは蛇から始まりました。
蛇や闘牛などの飛び出し系は一手のミスでゲームが終わることが
よくありますがこの対局がそうでした。

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++++●+++
4+++○●○●+
5++○○●●●●
6++++●○●+
7++++○+++
8++++++++
白番

f3、f7、d6など白には選択肢が多数ありますが
○f7が敗着となる手。
●f3として下図。

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++++●●++
4+++○●●●+
5++○○●●●●
6++++○○●+
7++++○○++
8++++++++
白番

白はd3を狙うくらいしかありませんが
○h3は●f8で消され、○h6も●h7でダメ、と
どうしようもない状態となってます。

実戦は○h3●f8○h4●h2○d2●g3…と進み大差となりました。


二回戦 K玉二段 黒
この対局も蛇でした。

\abcdefgh
1+++●++++
2++++●+++
3+++●○●○○
4++●●●●●+
5++○●○●○+
6+++○○○●+
7++++○+++
8++++++++
黒番

ここで打った●h6が悪手。
f2を白に無条件に与えてしまいました。
●d2と打つのが正解で○f2でd4の石が白くなれば
●h5として互角でした。

不利な形ながら決め手を与えず紛れて以下の局面。

\abcdefgh
1+●●●●●++
2++●●●●+○
3+●●●●●○○
4○○○●○○●○
5+○●●●○○○
6+●●○●○○○
7●●●●●●+○
8++○○○○○+
白番

前回の記事ですね。
解答は後日書きます。

実戦はここで逆転し、
60手目で白は針落ちとなりました。

続きます。


問題015(13個空き)

先日の東北名人戦の実戦から。


\abcdefgh
1+●●●●●++
2++●●●●+○
3+●●●●●○○
4○○○●○○●○
5+○●●●○○○
6+●●○●○○○
7●●●●●●+○
8++○○○○○+
白番

白はどう打てばよいのでしょうか?


問題014(9個空き)の解答

2年前に出してそのままになっていたので、
いまさらですが解答です。

問題再掲

\abcdefgh
1●○○○○○++
2○○○●●●++
3○○●●●●●+
4○●○●○●●●
5○○●○●●●●
6○○●●●●●+
7○●●●●●++
8●●●●●●●+
白番

前に考えた方も、そうでない方もぜひもう一度考えてみてください。

解答は下に。






















正解は○g1。

●h1に○g2●h2としてh3を空けてから
○h6と打つと白2石勝ちになります。

問題図からすぐに○h3とすると●g1で下図となり

\abcdefgh
1●●●●●●●+
2○○○○●●++
3○○●●○●●+
4○●○●○○●●
5○○●○●●○●
6○○○○○○○○
7○●●●●●++
8●●●●●●●+
白番

○h2で引き分け、
○g7で白2石負けとなります。


第32期東北名人戦結果

無差別の参加人数はぎりぎりの二桁越えでしたが
小学生の部は30名を超える盛況ぶりでした。


結果です。

一回戦 K藤無級  ○
二回戦 K玉二段  ○
三回戦 Y木無級  ×
四回戦 S々木三段 ×
五回戦 F吉1級   ○

で3勝2敗、3位/10人。


この大会で初めて決勝の舞台に立てませんでした。

決勝で負けるのも悔しいですが
決勝の舞台に立てないのはもっと悔しいですね。

今になってふつふつと湧きあがってきました

なので今回は時間を作ってしっかりと振り返りたいと思います。


参加された皆様、お疲れ様でした。


明日は東北名人戦

いよいよ明日です。

この大会は過去四回(2006、2007、2008、2010)出場し、
そしてすべてで準名人に終わっています。

今年こそは、といきたいところですが
カーニックのレートが最高を更新した直後に
200も大暴落したりと調子は乱気流状態。。
相変わらずメチャクチャです

昨日、今日と降った雪の影響で
開始時間に間に合うか不安なので早めに就寝します。
参加される方、明日お会いしましょう




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: