FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第38回東北ブロック予選参戦記

一回戦 黒 U浦四段
久しぶりの対局。
ブランクがあったためかこの日のU浦四段は精彩を欠いていたようで
中盤で優勢に。終盤はお互い石損しまくりでしたがそのまま勝ち。


二回戦 黒 Y田三段
この日、一番反省する対局でした。
兎からの変化で迎えた下の局面。

\abcdefgh
1+++++○++
2++●+○○++
3●+●○●○●+
4+●○○○●●●
5+◇◇○●○++
6++◇●○○++
7++●○++++
8++++++++
黒番 白b5まで

白がe7を狙っているのは明白だったので
だったら自分で打ってしまえ、と打ち込んだ●e7が悪手。
白はf7…とはせずa4。
●d2に○b3と左上で手得をした白が優勢になって行きました。
ちなみに上の局面、黒はd2に打てば互角の展開だったようです。

その後、X打ちで着手を乱して二転三転したこのゲーム、
最後にY田三段の勘違いが出て辛くも勝利。


三回戦 白 K玉二段
虎→縦取り殺しから変化して互角のまま迎えた中盤、
K玉二段に斜めを返し忘れるミスが。
この返し忘れが致命傷となり勝利。


四回戦 黒 T木四段
全勝対決。
勝った方がほぼ確実に無差別の枠をゲットできる状況。
一気に決めたかったのですが…

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++++●●●+
4++○○○●○○
5++○○●○●+
6++○○○○+●
7+++○●●++
8++○+●+++
黒番

この局面でe4が黒だと数手前から思い込んでいました。。
実際になってみてはじめてg6に黒が打てないことに気付きました。
●b3ならまだ可能性が少しはあったようですが
実戦は傷口を広げる●c7。

粘りに粘ったのですが届くはずもなく敗北。


五回戦 白 Y島三段
勝てば無差別確定、負ければ石数次第といったところ。
前回の東北王座戦で苦戦しただけに気合いを入れて臨みました。
兎からの変化。
兎独特の引っ張り合いから先に壁を破らせ、
中割りで相手の打ちたいところに打てなくしてX打ちを強制し勝勢。
…のハズでしたが石損しまくって2石差まで縮まっていたのは内緒です。
スポンサーサイト


第38回東北ブロック予選結果

昨日のうちに書くつもりが気付いたら夢の中にいました。。
自覚はなかったのですが相当疲れていたみたいです。

さて、結果はもう連盟HPにも出てますが

一回戦 U浦四段 ○
二回戦 Y田三段 ○
三回戦 K玉二段 ○
四回戦 T木四段 ×
五回戦 Y島三段 ○

の4勝1敗で2位、無差別の部の出場権をゲットしました。

とりあえず無事通過できたことにホッとしています。

明日は簡単に予選を振り返ろうと思います。


明日はブロック予選

早いもので明日はいよいよブロック予選です。

明日の今頃にはもう結果が出てるのですね。

調子は万全!と言いたいところですが
ここ数日の対局内容も戦績もそれには程遠い状態です。。

もう少し打って最終調整して臨みます。


明日参加される皆様、頑張りましょう~


第2回東北王座戦参戦記その2

間が空きましたが続きです。

四回戦 黒 N目四段
序盤は2月の東北名人戦決勝と同じ展開。
外したところで白に好手順があったのですが、お互い見逃していました。
その手順を決められていたら序盤でしゅーりょーだったかもしれません。。

右辺に自分から潜りこめない双方C打ちを作らされたものの
どちらもX打ちができないので勝負になる、と踏んでました。
そして下図。

\abcdefgh
1++●+++++
2+++●○++○
3+○○○○○○○
4+●○○○○●○
5+●●○○●●○
6++●○○●●+
7++●◇◇○+●
8+++●●○++
黒番 白d7まで

ここで●c8としたのが悪手。
d7の白石を黒くしたためa4のとき斜めが返らないのが黒にとって痛いです。
●g8で-6、
●c8で-8、
と評価値上はわずかな差ですが
この手を境に白が打ちやすくなったためこのc8が敗着といってよいでしょう。

このあとは堰を切ったように石損を重ね、
さらに白の連打筋を見逃してしまい大差負け…

これで2勝2敗となりこの時点で優勝の目が完全に消えました。


五回戦 白 S藤久三段
6人による総当たり戦なのでこれが最終戦です。
相手は一敗のS藤久三段。
3位までの同勝同敗は決定戦で順位を決めることになっていたので
勝てばもう一戦、それ以外は終了、の対決になりました。

お互いに中割りをしながら迎えた下図。

\abcdefgh
1++●+++++
2++●●●●++
3+○●○●●●+
4+○●●●●●●
5+○●○○○○+
6+●●○○○○+
7++○++○++
8++++++++
黒番

黒はd7と白のいい手に直接打ってきましたが
○e8●h5○e7と下辺で2手連続で白が打てるようになる分、
良くなかったようです。
考えすぎたのかこのあと黒が崩れてしまい思いがけず大差勝ち。

これで3勝2敗でS藤久三段と並んだため引き続き2位決定戦です。


2位決定戦 黒 S藤三段
今度は手番を変えての対局。
兎から早速外されての読み勝負。
前局と同じような中割りの応酬となりましたが
上辺に爆弾ができたあたりから黒が有利になり
最後は末国トラップが発動し指定打ちに追い込み快勝。


結果、2位となりました。

次回大会はブロック予選。

あと2週間でできる限り調整をして、
予選通過できるよう最善を尽くします。


第2回東北王座戦参戦記その1

参加者は6名だったので総当たりとなりました。
通常の大会は伏せ石で色を決めますが、この大会は
最初のくじ引きで誰といつ、どちらの色で対局するかが全て分かります。
その結果、初戦はH内女流五段になりました。


一回戦 白 H内女流五段
序盤早々に定石を外れ読み勝負。
中盤で相当な優勢を自覚するも下辺を取ったあたりから
どうもやらかした感が漂ってきました。
そしてほぼ互角で迎えた下の局面。

\abcdefgh
1++●+○+++
2++●○+●++
3●●○●●+++
4●○○●●●++
5●○●●○○○+
6●●○○○○++
7●+○●○○++
8+○○○○○++
白番

○f3に打ってれば●d1には○f1で黒はe2には入れないので
右側に手をつけるしかなくこれならまだ勝負になってました。

実戦はひとつずれた○g3。

これだと●d1の後○b1と上辺を取り込まざるを得ず、
●f3に○e2でb2のX打ちもできずがんばりようのない局面となります。

\abcdefgh
1+○○○○+++
2++○○○○++
3●●○○○●○+
4●○○●○○++
5●○●●○○○+
6●●○○○○++
7●+○●○○++
8+○○○○○++
黒番

この後、黒に緩手が出ますが私もお付き合いする形になりH内さんに初敗北。

逃げ場なしの総当たり戦でいきなり崖っぷちに立たされました。


二回戦 白 Y田三段

この対局の序盤も隣で見ていたのか、一回戦と同じ展開で始まりました。

右上で手数を稼ぐことができたのが効いて
中盤でブラックラインが通り勝勢になり、そのまま勝利。


三回戦 黒 Y島三段
最後に対局したのは一年前のこの大会。
その時も苦戦した記憶がありましたが
今回も同じく大苦戦の対局となりました。
自分からどんどん悪くしてしまったのですが
X打ちが効果的に働いたようで差が縮まり、
さらにY島三段の勘違いもあり、辛くも逆転の2石勝ち。

完全なる負け試合を拾った形ですが
首の皮一枚つながりました。

四回戦以降は次回に続きます。




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: