FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

種消しオセロその三の解答

遅くなりましたが解答です

問題再掲
\ABCDEFGH
1++++++++
2○+●●◆++○
3○○○○○○○○
4○○○○○○○○
5○○●○○○○○
6○○+○○○○○
7++○○○●+○
8+++○+●++
白番







初手はc6かe8の二択と言っていいんじゃないでしょうか。
正解は白e8→黒c8→白c6→黒f2→白g2です。

\ABCDEFGH
1++++++++
2○+●●●●◇○
3○○○○○○○○
4○○○○○●○○
5○○○○○●○○
6○○○○○●○○
7++○○○●+○
8++●●●●++
黒番

これからも難しいのですが白+6の局面。
ポイントはブラックラインを“先に”通すことです。

初手c6の場合、
黒はe8だと白f2が生じるので先にf2に、
白は双方が打てるe8に打ちますが
7列が真っ白になったため黒b7が生まれてしまいます。

問題図からc6f2e8b7
\ABCDEFGH
1++++++++
2○+●●●●+○
3○○○○○●○○
4○○○○●●○○
5○○○●○●○○
6○○●○○●○○
7+◆○○○○+○
8+++○○●++
白番

白は何もしないと左下で手損するのでc8としますが
以下黒a8から左辺と上辺を持って行かれて白足りません(黒+6)

コメント返し
たなか@とうかいさん
普通っぽくE8C8C6F2G2って…
なんか普通に正解してますね 汗
スポンサーサイト





種消しオセロその三


\ABCDEFGH
1++++++++
2○+●●◆++○
3○○○○○○○○
4○○○○○○○○
5○○●○○○○○
6○○+○○○○○
7++○○○●+○
8+++○+●++
白番

久しぶりに種消しオセロを。
e2の中辺の横取りで形勢が逆転しました。
白はどう打てばいいでしょうか
五手読んでください。


序盤問題…かな?の解答

コメント返しは最後に。

問題再掲
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++++◆+
4+++○○●○○
5+++○●○++
6++●●●○○+
7++●++●+○
8++●+●●●+
白番

正解は白b6です。
対して黒a5は白a6黒a7でb6に白石が残り
黒は白d8をどうしても防げず白勝勢となります。

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++++●+
4+++○○●○○
5●++○●○++
6●○○○○○○+
7◆+●++●+○
8++●+●●●+
白番 d8で勝勢

コメント返し

たなか@とうかいさん
序盤問題って絶対的な答えがないのが多いので出すのが難しいんですよね。
なのでめったに出せませんが使えそうな局面に出くわしたらまた出してみます。


序盤問題…かな?

きのう(17日)は更新もしてないのになぜかアクセスが増えてました。
リンク元を見て理由がわかったのですが気になる出来事でした。

さて、序盤問題です。

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++++◆+
4+++○○●○○
5+++○●○++
6++●●●○○+
7++●++●+○
8++●+●●●+
白番

F5F6E6F4G6D6G4F7E8H4C6C7C8F8G8H7G3F3C5E7H6H5D8

下辺がみかけない形ですね。
この下辺をしっかり咎めてください。


連打の手筋その一

今回から実戦で見かける手筋なんかを
自分への再確認の意味も込めて不定期に載せていきたいと思います。
的外れなことを書くかもですがそのあたりはご容赦を。

まずはこれから。

\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○++
3●○○●○●○+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
黒番

普通に打てば白黒ともに2回ずつですが黒に連打の筋があります。








それはh2。

\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○+◆
3●○○●○●●+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○

これで白がg2、h3のどちらに打っても黒は連打で勝てます。

白h3のケース
\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○+●
3●○○●○○○◇
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
黒番 h1→g2で黒8石勝ち。


白g2のケース
\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○◇●
3●○○●○○○+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
黒番 h1→h3で黒14石勝ち。


h2以外だと偶数理論で黒負けとなります。

\ABCDEFGH
1●●●●●●●◆
2●●○○●○++
3●○○●○●○+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
例えばh1だと白g2の後h2で2石、h3で4石負け。



対称形。


[続きを読む]

問題003の解答

コメント返しは下で。

問題再掲
\ABCDEFGH
1●○○○○○○+
2●●○○○○+○
3●●●●○●○○
4●○●●●○●+
5●○●●●●●●
6●○●○●●●●
7+●○●○●●+
8●○○○○○○○
黒a8まで  白番












正解は白h7→黒h1→白h4→黒g2→白a7で白2石勝ちです。

成功図
\ABCDEFGH
1●●●●●●●●
2●●●●●●●○
3●●●○○●○○
4●○●●○○○○
5●○●●●○○○
6●○●○●○○○
7◇○○●○○○○
8●○○○○○○○
黒31-33白

パッと見、初手a7に打ちたくなりますがそれだと
白a7黒h1白h7黒g2白h4で引き分けとなります。

失敗図
\ABCDEFGH
1●●●●●●●●
2●●●●●●●○
3●●●○○●●○
4●○●●○○○◇
5●○●●●○○○
6●○●○●○○○
7○○○●○○○○
8●○○○○○○○
黒32-32白 


この二つの違いはg3の石です。
初手a7からだとa7h1h7でg3が黒くなるのに対して

\ABCDEFGH
1●●●●●●●●
2●●○○○○+○
3●●●○○●○○
4●○●●○○●+
5●○●●●○●●
6●○●○●●○●
7○○○●○○○◇
8●○○○○○○○
黒番 g2でg3が黒くなる

初手h7からだとh7h1h4でg3が黒くなりません。

\ABCDEFGH
1●●●●●●●●
2●●○○○○+○
3●●●○○●○○
4●○●●○○○◇
5●○●●●○○○
6●○●○●○○○
7+●○●○○○○
8●○○○○○○○
黒番 g2でg3が黒くならない

というわけで天王山っぽいa7が実は最後に打つのが正解な問題でした。


コメント返し

たなか@とうかいさん
h7に黒a7は2列が取れない分黒が損なんですよね。

\ABCDEFGH
1●○○○○○○+
2●●○○○○+○
3●●●○○●○○
4●○●●○○●+
5●○●●●○●●
6●○●○●●○●
7+●○●○○○◇
8●○○○○○○○
黒番 a7よりh1,g2がお得

とはいえ最初のh7さえ打てれば白勝てそうなのでどっちでも問題なしですね。

pfalz_brownさん
問題だからと除外せずa7から考えたのですか。立派ですな。
けど、針落ちは針落ちなので私の勝ちということで 謎


問題003(5個空き)

コメント返し
たなか@とうかいさん
はじめまして・・・でいいんですよね?
対戦時はよろしくです。
とりあえず、たなか@とうかいさんとの対局は
(二段戦なので)何回戦だろうと気合を入れていきます。


とさぴさんのブログで盤面を見やすくする方法が
書かれてあったので使ってみます。
とさぴさんに多謝ですm(_ _)m

\ABCDEFGH
1●○○○○○○+
2●●○○○○+○
3●●●●○●○○
4●○●●●○●+
5●○●●●●●●
6●○●○●●●●
7+●○●○●●+
8●○○○○○○○
黒a8まで  白番


少し前に某掲示板に出した問題です。
しっかり数えて勝ってください。



2007年をデータで振り返る

今年は10大会に参加。

段級位は対戦当時のもの、女流も-2とせずそのまま計算してます。

級位 15戦 13勝 2敗 0分 86.7%
初段 12戦 8勝 4敗 0分 66.7%
二段 15戦 5勝 8敗 2分 33.3%
三段 8戦 6勝 2敗 0分 75%
四段 4戦 2勝 2敗 0分 50%
五段 1戦 1勝 0敗 0分 100%
六段 1戦 1勝 0敗 0分 100%
七段 1戦 0勝 1敗 0分 0%
八段 0戦 0勝 0敗 0分 ‐‐‐
九段 1戦 0勝 1敗 0分 0%
合計 58戦 36勝 20敗 2分 62.1%

真っ先に目についたのが対二段戦の負け越し。
考えてみると思い当たる節があるので妥当なところかな…

続いて色別。

黒番 33戦 18勝 13敗 2分 54.5%
白番 25戦 18勝 7敗 0分 72%

黒が多いのは色の選択権があるときにほぼ黒を選んでいるから当然として、
以前にも書いた(ような気がする)のですが

黒が好きだけど勝率は白がいい

をまさに実践してる結果でした。

最後に回戦別。

1回戦 10戦 7勝 3敗 0分 70%
2回戦 10戦 10勝 0敗 0分 100%
3回戦 10戦 6勝 4敗 0分 60%
4回戦 10戦 1勝 8敗 1分 10%
5回戦 10戦 10勝 0敗 0分 100%
6回戦 6戦 2勝 3敗 1分 33.3%
7回戦 2戦 0勝 2敗 0分 0%

特筆すべきは2,5回戦の勝率100%と4回戦の勝率10%ですね。
こんな極端な結果にびっくりでした。
魔の四回戦といったところですかね。

これらのデータから見えてきた来年の目標は、

対二段戦と四回戦を普段以上に気合を入れて臨む

これにつきますね。

そういうわけなので二段の方と四回戦で対戦する方、
来年の私は普段よりも気合が入っている(ハズ)なのでよろしくです。


問題002の解答

コメント返しは下に。

問題再掲
\ABCDEFGH
1●○○○○○++
2●○○○○○○●
3●○○○○○○●
4●○○●○○○●
5●●●●●●○●
6●○○●○○●●
7●+○○○++●
8+++○○●++
黒番










偶数理論から逃れられなそうですが回避の手順があります。

正解手順はb7a8b8c8(またはb8c8b7a8)f7g8h1g1(黒パス)g7h8で黒10石勝ち。

この手順のポイントは“d5を白くする”こと。
b7a8b8c8(またはb8c8b7a8)で左下を埋めたとき
次の黒f7でa2-g8のcラインが通るため白g8でf7が返らずg7に黒が打てなくなります。

\ABCDEFGH
1●○○○○○++
2●○○○○○○●
3●○○○○○○●
4●○○●○○○●
5●●●○●●○●
6●●○●○○●●
7●●○○○++●
8○○◇○○●++
黒番 f7,g8でg7に黒は打てない


なので右下は白が先着し、
ホワイトラインが黒のものとなり黒10石勝ちとなります。

\ABCDEFGH
1●○○○○○◇●
2●○○○○○○●
3●●○○○●○●
4●○●●●○○●
5●●●●●●○●
6●●○●●●●●
7●●●●●●+●
8○○○○○○○+
白番 g7→h8で黒10石勝ち




b8c8g7~の手順でも最後右下で手どまりを打てますが
それまでの犠牲が大きく引き分けとなります。
(g7が10石損の分着)
b8c8g7f7g1h1b7a8
\ABCDEFGH
1●●●●●●●○
2●○○○○●○●
3●○○○●○●●
4●○○●○○●●
5●●●○●○●●
6●●○●○○●●
7●○●●●●●●
8◇○○○○●++
白番 h8で引き分け。g8だと黒2石勝ち。



コメント返し

鯨くん
3手目g7のほうが正解手順より分岐が多くて
苦労したんじゃないでしょうか。
お疲れ様でした。

ガラハゲくん
手順も石差も正解とはやりますなぁ…
てか試験中って。。
だったらもっと難しいのだしてこっちに没頭させるんだった チ


問題002(10個空き)

2007年の総合成績を書こうとしたのですが
10月にパソコンクラッシュでデータが全部飛んでて
そのまま何もしてなかったのでそれはあさって以降に。
かわりに問題です。

\ABCDEFGH
1●○○○○○++
2●○○○○○○●
3●○○○○○○●
4●○○●○○○●
5●●●●●●○●
6●○○●○○●●
7●+○○○++●
8+++○○●++
黒番

引き分け勝ちは白が持ってると考えてください。


初雪やら雑記やら

今回は雑記です。

・初雪
今朝、通勤時間帯にこの冬初めての雪が降りました。
もっとも一時間くらいで上がって夕方にはすっかり晴れてましたが。
去年は結局一回も降らなかった(通り雪程度なら数回あり)ことを考えると
今冬は結構降るんじゃないかとへっぽこドライバーな自分は今から不安です。
ちなみに私の住まいは福島県の太平洋側ですがたぶん、
世間一般がイメージする東北地方の冬からだいぶかけ離れていますね。
1mも2mも積もることなんでまずないですし。。

・日本選手団帰国
無事に日本の地に帰ってこられたようですね。
選手もサポートされた皆様もお疲れ様でした。
ただいま世界戦に感化されてオセロ熱が上昇中です。

・2007年のオセロ終了
12月は仙台で大会がないので先月に続いて水戸定例会に行こうかと
考えてましたが連盟の予定を見たら開催は9日。
この日は予定は何もないです。
なので参加できるはず・・・でした。
前の日に忘年会というものがなければ。。
ほぼ間違いなくつぶされる&連れまわされるので
翌日は外出どころじゃないはずです。
といって関東や中部まで遠征はちと無理。
とゆーわけで、

2007年のオセロは強制終了 orz

欲を言えばもう一回出たかったです。
そういうわけで少し早いですが次回からは2007年を振り返ってみます。


おめでとうございます

去年に続いて日本勢が完全制覇しましたね。

今年の決勝トーナメントは例年にも増して手に汗握る接戦が多く、
見ているほうはハラハラしどおしでした。

日本選手団の皆様、お疲れ様でした。


そして冨永八段、龍見六段、世界一おめでとうございます!


予選通過者決定!

予選終了時点で寝ようとしてましたが結局プレーオフまで見てました。
で、Matthias Berg氏が偶数理論で粘るImre Leader氏を4石差で振り切り最後のイスに滑り込みました。

これで準決勝は、
Kenta Tominaga vs Matthias Berg
Tetsuya Nakajima vs Stephane Nicolet
女子決勝は、
Yukiko Tatsumi vs Caroline Sandberg Odsell

の組み合わせになりました。
団体戦も日本が優勝したことですしその勢いで
残り二つの優勝カップもぜひ日本に持ってきてもらいたいですね。
明日もパソコンにかじりついて試合の行方を見守ってます。




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: