FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

世界戦観戦。

世界戦真っ只中ですね。
五回戦が終わったところです。
私はライブを見ながら次の一手を予想しつつ
合間を縫ってアップされた棋譜をざっと見てますが
対戦者の悲喜こもごもが棋譜から伝わってくる(ような気がする)ので楽しいですな。
最後まで見ていたいのですがこれ以上は
仕事に差し支えるので残り二戦は翌朝にとっておきます。

日本勢の良い結果を期待して、おやすみなさい
スポンサーサイト





東北オープン2007参戦記その二

コメント返し

いとうくん
何をガクガク震えてるんですか…


いよいよ明日世界戦開幕ですね。
日本勢の活躍を期待してます。

では、続きです。

四回戦 白 I二段
前週の水戸定例会に続いての対戦。
さっそくリベンジのチャンスがやってきました。
ですが、ですが…

14手目に敗着打ちました

コレデモゴダンヤッテマスガナニカ?

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++●◇+++
3+●○○○+++
4○○○●○○++
5+○○●○+++
6+++●●+++
7++++++++
8++++++++
白e2まで 黒番

このe2が敗着。
このとき白にはa3,c6,d1などの手があるから大丈夫と勘違い。
それらをすべて打ち砕く一手、f3を打たれてしびれる。

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++●○+++
3+●◆◆◆◆++
4○○○●◆○++
5+○○●○+++
6+++●●+++
7++++++++
8++++++++
白番 a3,c6,d1が消えた


あとは一方的。
24手目の時点で残り時間が2分になるほど考えても
ここまで差のついた局面をひっくりかえせるわけもなく敗戦。

\ABCDEFGH
1++○+●●++
2++○●●●++
3+○●○●○++
4○○●○○○○+
5+○●○○○++
6++○○○+++
7+++◇++++
8++++++++
黒番 白(自分)の残り時間は2分ほど


C4C3D3C5D6F4B4E3B3B5E6A4D2E2F3
\ABCDEFGH
1++++++++
2+++1314+++
3+0902030815++
4120701○●06++
5+1004●○+++
6+++0511+++
7++++++++
8++++++++

それにしても序盤に敗着を打つなんていつ以来か。
というより初めてかも。


これによりI二段が四連勝で決勝一番乗りを決める。


五回戦 黒 W初段
予選最後も前週の水戸で対戦したW初段。
負けると石数を稼いでいないため予選落ちの危険があった。
ブライトウェルからの互角の展開だったが
22手目が中辺の横取りになるのを見落とした手で大差勝ち。



準決勝 黒 S初段
この日二度目の対局となった準決勝、S初段戦。
今度は色を変えての対局。
定石は三度ブライトウェル。
互角ながらも黒に選択肢が多く白はついていく展開だったが、

\ABCDEFGH
1+++●●●++
2+++●●○++
3++●●●●●+
4++●○●●●+
5++○○●○○○
6++○○○○++
7+++◇●+++
8++++++++
黒番 実戦はd8。b5,f7なども有力

白の緩手が出て黒有利になる(下図)

\ABCDEFGH
1+++●●●●+
2+++●●●++
3++●●●●●○
4+○○○○●○+
5++○●●●○○
6++○●●●++
7+++●●◆++
8+++●++++
白番 実戦はc1でc7を狙ってきたがc2h4c8が好手順だった。
参考図
\ABCDEFGH
1+++●●●●+
2++○●●●++
3++○○●●●○
4+○○○○●○●
5++○●●○●○
6++○●○●++
7+++○●●++
8++◇●++++
黒番

そして、

\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2++●●●●++
3+○○●●●●○
4+○●○○●○+
5◇○○○○○○○
6++●○○○○●
7++○●●●++
8+++●++++
白a5まで 黒番

読みと大局観が必要とされる局面に。
打てる11か所で勝ちと引き分けがそれぞれ一つで9か所は負け。
大局観はほぼ間違ってなかったがそれを実現する読みが伴わず
ここで14石損(+8→-6)の敗着で準決勝敗退。


決勝戦はI二段対S初段。

白のS初段が中盤に緩手を打ち黒のI二段が有利に。
そのまま勝勢になるかと思いきやS初段は偶数理論をフル活用して粘り
気がつくと偶数から逃げられない、黒容易ならざる形に。
どうなるのかと見ていましたが
10個空きで時間をかけて読んだI二段が2石勝ちの手順を読み切り
見事全勝優勝と三段、そして賞金20000円を獲得しました。


大会後近くのファミレスでいろいろと1時間以上おしゃべりして家路につきました。
反省点が目立つ棋譜が多かったですが、楽しい時間を過ごせました。


東北オープン2007参戦記その一

コメント返し

竜胆さん
いままで大会で顔を合わせてもそれほど話はしてなかったですよね。
今後ともよろしくお願いします。
私との対局の棋譜、必要なら送りますんで。

pfalz_brownさん
参らせました 謎
あの問題は
打ちたくなるところ(d7)に考えもせず打ったりすると後悔するよ
ってのを意図してたんですが
問題だとなにかあると勘繰ってd7は真っ先に除外したっぽいですね。
ところで白番の問題なのになんか黒側の視点になってるよーな…

鯨くん
うーん、自分でもびっくりですね
かつて(このブログに移転する前)はこのくらいのペースで
書いてた時期もあったんですよね。大したことは書いてなかったですが。
どうやら“ブログが書きたくてしょうがない症候群”にかかったようなので
この機会にいろいろなことを文字に起こしておきますか。



25日、東北オープンに参加してきました。
告知が遅かった影響もあって参加人数は伸び悩みましたが
それでも東北以外からも足を運んでくださった方もいました。
ありがとうございますm(_ _)m
今回は小学生、一般、無差別の3つの部門があり、
無差別は予選五回戦+上位4名による決勝トーナメントの方式でした。

一回戦 黒 Y二段
初戦は東北のY二段。何度となく対戦してます。
序盤はブライトウェルで下の局面に。

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++◇●++
3++●●○○○○
4++●●○●○○
5+++●○●●○
6+++○○○○○
7++++++++
8++++++++
白e2まで 黒番

第一感はc7。ただ読んでみたら良くない気がしたのでe7へ。
もっと良くなかったです。。

\ABCDEFGH
1+++○+●++
2++++○●++
3++●●○●○○
4++●●○●○○
5++●●●●○○
6+++●○○○○
7++●+●●++
8+◆+○+●++
黒b8まで 白番

斜めに3石返したところ。
ウィングの骨組みだけ出来てるみたいで下辺があまり見ない形ですね。
不利を自覚してたのでかく乱狙いの一手でした。
このあとお互いに緩手、悪手を打ち合いながら私が有利になってきて
そのまま押し切り勝ち。


二回戦 白 S初段
続いても東北。期待の新人の一人です。
闘牛から石橋流を打ったものの緩手を重ね続け、

\ABCDEFGH
1+○○○○+++
2++○○○+++
3●●●○○+++
4+●●○○+++
5●●●○○+++
6○+●●○+++
7+++○◆+++
8++○+●+++
黒e7まで 白番

あっという間に敗北寸前に。
もうここは行くしかないと覚悟をきめてb7。

\ABCDEFGH
1+○○○○+++
2++○○○+++
3●●●○○+++
4+●●○○+++
5●●●○○+++
6○+○●○+++
7+◇+○●+++
8++○+●+++
黒番 またもやかく乱狙い

で、

\ABCDEFGH
1+○○○○+++
2++○○○+++
3●●●○○○++
4+●●○○○++
5●●○●○○++
6○○○○○○○◇
7○○○●●●++
8●+○●●+++
黒番

まだ黒有利でも上の局面より差は縮まった感じで、
さらに黒が考える局面(壁を破るから)になったため逆転勝ち。


三回戦 黒 H初段
今度は東北にゆかりのあるH初段、初対局。
この対局は序盤から定石を外れて、黒に有利な展開になり、
終盤ちょっと石損するも快勝となりました。
差がついたのは下の局面でしょうか。

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++●●++
3+○○○●●◆+
4++○○○●●+
5+++○●○○+
6+++○●○○+
7++++++++
8++++++++
白番

実戦はf7だがここはd2に打つべき。
白f7,黒h5でd2が消えてしまい白は打つ手に窮してしまう。
参考図
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++●●++
3+○○○●●●+
4++○○○●●+
5+++○●●●◆
6+++○○○○+
7+++++○++
8++++++++
白番 h4からd2を狙うのはのちに黒h6,h7の連打がある


悪夢の四回戦に続きます…




問題001の解答

コメント返しは解答の後に。

問題再掲
\ABCDEFGH
1●●●●●●●+
2+●●●○●+●
3+○●○○●●●
4○○●●●●●●
5○○●●●●●●
6○○○●○●●●
7○+○+●○○+
8○+○○○○○+
白番







正解は初手h7です。
対して黒がh8と素直にとればd7として最後ブラックラインが通るため白1石勝ちとなります。
\ABCDEFGH
1●●●●●●●+
2+●●●○●+●
3+○●○○●●●
4○○●○○●●●
5○○●○●○●●
6○○○○○●○●
7○+○◇○○●●
8○+○○○○○●
黒番 a2a3の後のb7,b8はどちらも白1石勝ち

また黒a2としてきたらh1と取りに行かず
(取ると引き分け h1a3g2b7d7b8h8)a3,黒h8で上の局面と同じ形になります。
というわけで初手h7で右辺を黒に取らせてh1が空きマスで終局するのが正解でした。
正解手順
\ABCDEFGH
1●●●●●●●+
202●●●○●08●
303○●○○●●●
4○○●●●●●●
5○○●●●●●●
6○○○●○●●●
7○07○05●○○01
8○06○○○○○04

\ABCDEFGH
1●●●●●●●+
2●●●●○○◇●
3○○○○○○○●
4○○●○○●○●
5○○●○●○○●
6○○○●○●○●
7○○○○○○●●
8○●●●●●●●
 黒31-32白



初手d7でも同じように見えますが黒a2,白h7(a3はb7,b8の連打)で…
\ABCDEFGH
1●●●●●●●+
2●●●●○●+●
3+●●○○●●●
4○○●○○●●●
5○○●○●○●●
6○○○○○●○●
7○+○○○○○◇
8○+○○○○○+
黒番 h8だと上の局面と同じくなる

黒はh8とせずa3と連打を狙いにいきます。
a3以降白h1,黒b7,白g2,黒b8,白パス,黒h8で黒2石勝ちです。
失敗手順
\ABCDEFGH
1●●●●●●●05
202●●●○●07●
304○●○○●●●
4○○●●●●●●
5○○●●●●●●
6○○○●○●●●
7○06○01●○○03
8○08○○○○○09

\ABCDEFGH
1●●●●●●●○
2●●●●○○○○
3●●●○○○○○
4○●●○○●○○
5○●●○●○○○
6○●○●○●○○
7○●●○○○●○
8○●●●●●●◆
  黒33-31白


コメント返し

pfalz_brownさん
コメントから察するに3手目にh1を取ったようですね…
最後h1に黒が打てなくなることを見落としてたんでしょうか

pfalz_reishiくん
手順が書いてないですが“h1が空く”だけで正解にたどりついたことが
はっきりとわかりますね。シンプルでいいですな


東北オープン行ってきました

ケータイから。
速報はオセロジャパンに載せたので省略します。
私はI藤新三段に先週の水戸のリベンジのチャンスだったのですがサクッとやられました orz
詳細は後で書くとして、来月は仙台で大会がないので水戸に行こうか思案中です・・・


第34回水戸定例会参戦記その五

予約投稿なるものを使ってみます。
ちゃんと載るのかな…


六回戦 黒 A二段
A二段とは王座戦で対局したばかりです。
定石はその時と同じブライトウェル。
打ち方がしっかり復習しているように見えたので
(王座戦の棋譜を忘れたので)前回と違うところに。
\ABCDEFGH
1++++++++
2++○○+○++
3◇+○○○○●+
4+○○○●●●+
5●●○○●●●+
6●●○○○○○+
7++●○○○++
8++○+○●++
白a3まで 黒番

優勢を感じてました。
a4が天王山ですが打たれても問題ないと放置してf1へ打ったのが逆転の悪手でした。
右辺のどこに打たれても構わないと判断しての着手だったのですが…
\ABCDEFGH
1+++++●++
2++○○+●++
3○+○○○●●+
4+○○○●●●+
5●●○○○○○◇
6●●○○○○○+
7++●○○○++
8++○+○●++
白h5まで 黒番

このh5を見落としてました。直前に打ったf1でのせいで
斜めが返らなくなってるんですよね…

ただし、このf1、h5両方とも逆転の悪手で正解はともにa4です。
とにかくそこを押さえるのが先決だったようです。

実戦ではここから時間を掛けはじめ苦慮しながら以下の局面になりました。
\ABCDEFGH
1+++●+●++
2+●○●+●+◇
3○○○●○●○○
4○○○●○○●○
5○○○●○●○○
6○○○●●○○+
7○+●●○○++
8++○○○○○+
白h2まで 黒番

なんとかしてa1を白に打たせてa2からぐるっとまわろう
と考えていたのでe2を考えてましたが黒e2→白b8→黒b1→白e1となったとき
c1に入れないからダメじゃん、と却下しました。
ですが下図を見れば分かるとおりg1で黒楽勝なんですよね…
\ABCDEFGH
1+●+●◇●++
2+●●○○○+○
3○○○●○●○○
4○○○●○○●○
5○○○●○●○○
6○○○○●○○+
7○+○●○○++
8+○○○○○○+
黒番 g1h1g2で黒楽勝

このg1が見えなかったためにe2はないと消去し、
ならどこに手があるのかと考え込んでいるうちに
さらに時間がなくなってきたので打ったのはa2。
a1b7と進んで
\ABCDEFGH
1○++●+●++
2○○○●+●+○
3○●○●○●○○
4○●●●○○●○
5○●○●○●○○
6○●●●●○○+
7○◆●●○○++
8++○○○○○+
黒b7まで 白番

あとは任せたといったところです。
以下双方最善で進み…
\ABCDEFGH
1○6059●54●5049
2○○○●53●48○
3○●○●○●○○
4○●●●○○●○
5○●○●○●○○
6○●●●●○○51
7○◆●●○○5256
85857○○○○○55

\ABCDEFGH
1○◇○○○○○●
2○○○●○○●●
3○●●○●●○●
4○●●●○●○●
5○●○○●●○●
6○●○●●●○●
7○○●●○○○○
8○●●●●●●●
  黒32-32白

両者痛み分け。

というわけで4勝1敗1引き分けで4位でした。
毎回は無理ですが都合を合わせてまた参加したいですね。


第34回水戸定例会参戦記その四

解答は参戦記の後に載せます。

五回戦 白 N六段
連敗だけは何とか避けないと思ってたら今度の相手は難敵N六段でした。
2003年の北関東ブロック無差別の部で対戦して以来、
実に四年五か月ぶりの対戦です。
そのとき私は二段で如何ともし難い実力差の前に大敗を喫してます。

序盤はこんな形に。
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++○+++
3++○○+●++
4++○○●●++
5++○●●●++
6+++○++++
7++++◇+++
8++++++++
白e7まで 黒番

普通の快速船を避けるためちょっと変化しました。
これも名前は知りません。。とりあえずバンザイ快速船とでもしておきますか。

で、局面は一気に進み終盤に入るところです。
\ABCDEFGH
1++◇○○+++
2++++○●++
3●+○○○●++
4●●○●○●●+
5●●●●●●●●
6●●●○●○○+
7●+○●○○++
8+○○○○○++
白c1まで 黒番

ちょっと前の記事に載せた局面です。
黒h6→白g7と4個空きで、なおかつ自分のウィングに打ち込むX打ちを打たされたため
白(自分)がやや不利と感じていました。
実際は以前の記事に書いたとおり黒h7が正解で白勝ちにひっくり返っていたのですが。
その辺は試合の流れといったところでしょうね。


以前、どこかの掲示板かブログで
悪手に悪手を返すことが多いのは悪手(握手)は一人じゃできないから
なんてのを見た覚えがあるのですがここから数手はまさにそのとおりになりました。

\ABCDEFGH
1++○○○+++
2++◆+○●++
3●+●●○●++
4●●●○●●●+
5●●●●○●●●
6●●●○●○●●
7●+○●○○○+
8+○○○○○++
黒c2まで 白番

考えていたのは
「いずれ切られてしまうホワイトラインをいつまでケアするか」
でした。
言い換えればいつまで意地を張りとおすかといったところです 違
もちろんこんな考え方がいいわけがなく、打ったb3の手は引き分けとなる手でした。
\ABCDEFGH
1++○○○◆++
2++○+◆●++
3●○○◆○●++
4●●◆○●●●+
5●●●○○●●●
6●●●○○○●●
7●+○●○○○+
8+○○○○○++
黒f1まで 白番

が、黒も悪手でお付き合い。
f1は6石損、正解はg8。白勝ちの形勢に。
\ABCDEFGH
1++○○○◇◇+
2++○+●◇++
3●○○●○●++
4●●●○●●●+
5●●●○○●●●
6●●●○○○●●
7●+○●○○○+
8+○○○○○++
白g1まで 黒番

ところがさらに白もお付き合いのg1、12石損 汗
d2が正解。
黒d2→白b2と進み、
\ABCDEFGH
1++○○○○○+
2+◇○●●○++
3●○○●●●++
4●●●○●●●+
5●●●○○●●●
6●●●○○○●●
7●+○●○○○+
8+○○○○○++
白b2まで 黒番

a2を予想していたのですが飛んできたのはまったく考えてなかったg8。
このg8が敗着となったのですが(正解はa2)対局中はそんなことに気づくはずもなく
h8→h7で以下の局面。
\ABCDEFGH
1++○○○○○+
2+○○●●○++
3●○○●●●++
4●●●○●●●+
5●●●●○●●●
6●●●○●○●●
7●+○●○●●◆
8+○○○○○○○
黒h7まで 白番

この辺で残り時間が一分を切った気がします。
それも手伝っていったいどこに打てばいいのか分からずパニック。
h3?h4?それともg3?まさかb7??
考えても明確な結論は出ず、
たどりついた答えは
ラインを通しとけば何かいいことあるかも
のg3でした。
我ながらいい加減ですね 汗
そして終局。
\ABCDEFGH
1◆●●●●●●●
2●○○●●●●○
3●○○○○●○○
4●○●○●○●○
5●○●●○●○○
6●○●○●○○○
7●●○●○●○○
8●○○○○○○○
   黒31-33白

いいこと(最終手で斜めが返らない)のおかげでかろうじて残ってました。

次で終わります。


問題001(9個空き)

参戦記を載せるつもりだったのですが
棋譜をいじってたら問題に使えそうな局面ができたので
そちらを先に載せます。

\ABCDEFGH
1●●●●●●●+
2+●●●○●+●
3+○●○○●●●
4○○●●●●●●
5○○●●●●●●
6○○○●○●●●
7○+○+●○○+
8○+○○○○○+
白番

最善手順とその結果は?


第34回水戸定例会参戦記その三

四回戦 黒 I二段

三連勝でDXオセロ盤が使われてる一番テーブルにようやく到着しました。
相手はI二段、初対局です。
このゲームは私の形勢判断が完全にぶっ壊れていました…
定石は蛇で。

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++○+++
4++●○○+++
5++●●●○○+
6++●●○○○+
7++●○●●++
8++◇+●●◆+
白c8まで 黒番

普通の感覚ならd3なのでしょうが打ったのは引っ張り全開のh6。
白b4に対してさらに我が道を突き進むh5。
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++○+++
4+○○○○+++
5++●●●●●◆
6++●●●●●●
7++●○●●++
8++○+●●●+
黒h5まで 白番

さて、この局面の形勢をどう見ますか?



互角~やや白有利な形勢が正解ですが
対局中の私は黒(自分)が優勢になってると思い込んでました。。
そのため下の局面で、
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++○+++
4●○○○○+◇+
5+●●●●○●●
6○○●●○●●●
7++●○●●++
8++○+●●●+
白g4まで 黒番

中割りを防ぐ、b8に白が打てない状態をキープする、
といった観点からa5が正解ですが
黒a5→白a3→黒f4→白a7→黒h4
参考図
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3○+++○+++
4○○○○○●●◆
5○●○●●●●●
6○○●●○●●●
7○+●○●●++
8++○+●●●+
白番 h3h2f3g3g7でこれからの勝負。

何とかなるだろうと緩手a3を打ってしまいました。
左辺を取らされてもまだまだ自分が有利だと思い込んでたのですが…
\ABCDEFGH
1++++++++
2●+++++++
3●●++○+++
4●○●○○+○+
5●○○●○○●●
6●○●○●●●●
7●+○○●●++
8+◇○+●●●+
白b8まで 黒番

この局面になって「何か黒不利じゃないか?」とようやく気付きました 爆

優勢だったのがいつの間にか逆転していた(と思い込んでた)ので
完全に気が動転してしまいました。
こんな時ってたいがい敗着打ってゲームが実質終了するんですよね。
このゲームもその例に漏れずとどめを自らに刺す一手、g3(-6→-22)で終了。
\ABCDEFGH
1++++++++
2●+++++++
3●●++○+◆+
4●○●○○+●+
5●○○●○○●●
6●○●○●●●●
7●+○○●●++
8+○○+●●●+
g3でとどめ。f4(-6)ならまだチャンスがあった。

以降はラインを通しや瞬間の逆偶数などのごまかしもきかない形になってしまい
観衆の見守る中、サンドバッグ状態で終わりました。

まだまだ続きます


レーティング更新(2007/10/31版)

参戦記を載せた後オセロジャパンで
レーティング更新の記事を見つけたのでもう一度投稿します。

今回参加した大会は王座戦と仙台オープンの二つ。
前回から‐103の1198で88位でした。
予想はしてましたが派手に下がってました。

あと、今回更新された中で最高の下げ幅を記録していたことを付け加えておきます orz


第34回水戸定例会参戦記その二

昨日からの続きです。

三回戦 白 I三段
I三段とは2004年の名人戦以来三年八か月ぶりの対局です。
虎ではじまり以下の局面。
\ABCDEFGH
1++++++++
2++○+●+++
3++○○○○++
4+○○●●○++
5++○●●●++
6+●◆●●●++
7++++●+++
8++++++++
黒c6まで 白番

ここでf1に打ったのですがこれって感覚として変なんでしょうか?
私は十分ありだと思うのですがI三段は驚いた(というか恐怖を感じた?)ようです。
\ABCDEFGH
1++●+●○++
2++●●●○++
3●●●●○○○+
4+●●●●○○○
5○●○○○○○+
6◆●○●●○++
7++●●○+++
8+++●+○++
黒a6まで 白番

白有利で迎えたこの局面、
a4に入るかa7に逃げるか、といったところでしょうか。
a4だとd1が打ちづらくなるので却下し、a7に着手…せずなぜかe8へ 汗
今思い出しても何を考えてe8に打ったのか謎です。
緩手は緩手を呼ぶようでe8,c8のあとのa7も緩くf7に行くべきでした。
当然f7を黒に抑えられ白b8、黒g6と進み
\ABCDEFGH
1++●+●○++
2++●●●○++
3●●●●○○○+
4+●●●●○○○
5○●○○○●○+
6○○○○●●◆+
7○+○●●●++
8+○○○○○++
黒g6まで 白番

当初はg8の予定でしたがそれだと黒h6が好手で白は楽に死ねます。
参考図
\ABCDEFGH
1++●+●○++
2++●●●○++
3●●●●●○○+
4+●●●●●○○
5○●○○○●●+
6○○○○○●●◆
7○+○●●○++
8+○○○○○○+
白番 d1にはg1、h5にはg7で白アウト


というわけでここで長考し、出した結論はd1。
白d1→黒g1→白h7でブラックラインを通しておけば
何とかなるんじゃないかという結構いい加減な考えです。
\ABCDEFGH
1++●●●●●+
2++●○○○++
3●●●○○○○+
4+●●○○○○○
5○●○○○○○+
6○○○○●●○+
7○+○●●●+◇
8+○○○○○++
白h7まで 黒番

ここでI三段の勘違いの一手がでて簡明な白勝ち局面となって終局しました。


対局中はその一手が敗着だとお互いに思っていたのですが
局後の検討で実は白勝ちだったことが分かりました。
上記局面からh6、h5と進むのが最善ですが
\ABCDEFGH
1++●●●●●+
2++●●○○++
3●●●○●○○+
4+●●○○●○○
5○●○○○○○◇
6○○○○●●○○
7○+○●●○+○
8+○○○○○++
白h5まで 黒番

h2はg2でアウト。
g7に打つためにh3h2の交換を入れてg7だと白g2でラインが通りこれもアウト。
ならばとg7じゃなくb7でラインを通してもa2で切れてしまいやはりアウト。
と、白勝ちだったようです。
じゃあどこが敗着だったのかというと上でさらっと書き流したg1でした。
\ABCDEFGH
1++●◇○○++
2++●○○○++
3●●●○○○○+
4+●●○●○○○
5○●○○○●○+
6○○○○●●●+
7○+○●●●++
8+○○○○○++
白d1まで 黒番

h6が唯一黒が勝てる手だったようです。
とはいっても以下の手順でわずかに残ることを読みきって(あるいは感じ取って)
打つのはなかなかできるものじゃないですね・・・

\ABCDEFGH
15544●○○○5352
25756●●○○5445
3●●●○●○○46
458●●○●●○○
5○●○○○●●47
6○○○○●●●◆
7○59○●●●4951
860○○○○○4850
正解手順

\ABCDEFGH
1●●●●●●●○
2●●●●○○○○
3●●○○●○○○
4●●●○●●○○
5●●○●○●●○
6●○●○○○●○
7●●○●●●●○
8◆○○○○○○○
   黒34-30白

まだ続きます


第34回水戸定例会参戦記その一

コメント返し
がらはげ。くん
やはりg1までは見えなかったですか。
ちなみにh6でも黒2石勝ちの形勢となってます。


先週の日曜日におよそ一年ぶりに水戸定例会に参加してきました。
会場を知らずに向かったため軽く迷子になって到着。
今回は水戸の方々にくわえ品川からも多数参加されたようでいつもより多めだったそうです。

一回戦 白 A一級
この対局は闘牛から6手目に5手目の隣に一石返しを打つ、
いわゆる石橋流を打ってみました。
\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++++○
3+++++++○
4+++○○○●○
5+++●○●○○
6++++●●●+
7++++●●+◆
8++++●+++
黒h7まで 白番

わずか15手で双方c打ちができてしまうあたり、
さすが急戦が多い飛び出し系といったところでしょうか。
ただ、この展開は黒にとって無理だったようで
\ABCDEFGH
1+○○○++++
2++○○○●◆○
3++●+●●●○
4+++●●○●○
5++●●○●●○
6+●+●○●●+
7++●●●●+●
8+++●●+++
黒g2まで 白番
g2を打たせて勝負あり。
以降白d3→黒e1→白h1→黒a1→白h6…と
黒に左上を与えるかわりに右下から回っていくように打ち進め、
まずは順調なスタートとなりました。


二回戦 黒 W初段
続いては縦に打たれたので虎にしようとしたらこんなのになりました。
F5D6C3G5C6
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++●+++++
4+++●●+++
5+++●○○○+
6++◆○++++
7++++++++
8++++++++
黒c6まで 白番

ネットで時々こうなりますが、これ名前あるんですかね?
で、局面は進み…
\ABCDEFGH
1++++○+++
2++○○+◆++
3++○●●◆++
4+○○●●●●+
5+○○○●●●●
6+○○○●●●+
7+++○●+++
8++++++++
黒f2まで 白番

f3を黒くしたところです。
g3を打ちづらくしてe2に打ってもらおうと意図した手ですが、
直接e2が良かったようです。


そしてさらに盤面は進み…
\ABCDEFGH
1++++○○◇+
2++○○○○++
3++○○○●○○
4+○○●●●●●
5+○○○●○●●
6+○○●○●●+
7++●●●●++
8++●○●+++
白g1まで 黒番

次のb7で通したラインを最後まで守りきり快勝となりました。



水戸定例会ではお昼休みに64石返し競争を行っています。
そのため開始時間が近くなるにつれてそこらじゅうから石を返す音が。。
たくさんの人がオセロを打っている光景は何度も見てますが
たくさんの人がオセロの石を同時に返している光景は初めて見ました。
いやぁ、すさまじいですね。一見の価値はあるかと。
いつもに比べて全体的にタイムが遅かったらしいですが
それでも毎月行ってるだけあって皆さんとても早かったです。
というわけでお昼休みも終わり三回戦に。

続きます


思い至らない局面

コメント返し

いとうくん
あらためて優勝おめでとうございます
次の対戦時も蛇の恐怖をみせつけて、今度は勝ちたいものです。

鰯じゃなくて鯨くん
テキパキさささっ日記ですか…
そんなタイトルにしたら自分の首絞めそうですね
このブログに対する心構えをそのままタイトルにしただけなので…


参戦記を書こうときのうの見直しをしてたのですが
実戦じゃこれはまず打てないなという局面に出くわしたのでそちらを先に掲載します。
\ABCDEFGH
1++◇○○+++
2++++○●++
3●+○○○●++
4●●○●○●●+
5●●●●●●●●
6●●●○●○○+
7●+○●○○++
8+○○○○○++
黒番

水戸定例会五回戦から。
私は白でしたが次の黒とその次の白はまず思い至らないなと感じました。
その手とは?続きは下に。












勘のいい方は気づいたんじゃないでしょうか。
正解はh7。
\ABCDEFGH
1++○○○+++
2++++○●++
3●+○○○●++
4●●○●○●●+
5●●●●●●●●
6●●●○●○●+
7●+○●○○+◆
8+○○○○○++
黒h7まで 白番

言われてみればh6にはg4が、h3、h4にはg7が、
f1、g3にはb3(f3が白くなるため)が生じるため悪くないです。


じゃあ白はお手上げかというとそうでもなくg1なんて手があったりします。。
\ABCDEFGH
1++○○○+◇+
2++++○○++
3●+○○○●++
4●●○●○●●+
5●●●●●●●●
6●●●○●○●+
7●+○●○○+●
8+○○○○○++
白g1まで 黒番

これで黒2石勝ちの形勢だそうです。
難しいですねぇ…


水戸定例会に参加しました。

とりあえず無事に起きれて、(ちょっと迷子になったけど)会場にたどり着きました。

途中参加も含めて32名が参加されました。結果は、
I藤二段が5勝1引き分けで優勝、
A田二段が4勝2引き分けで2位、
O田二段が3位でした。(←成績聞いてなかったです すいません)

で、私はI藤二段に四回戦で負け、A田二段に最終戦で引き分けて
4勝1敗1引き分けで4位というがんばったけど何も貰えなかったという
一番おいしい悔しい立場でした。

参戦記は気が向いたら。。


水戸定例会に参加します

前回の記事がオセロジャパンからだと見れなくなっていたようですね。
二重投稿に気づいて消したのが原因です。
大変失礼しましたm(_ _)m

本題
突然ですが水戸定例会に参加します。
無事に起きることができて会場にたどり着ければの話ですが。。
前回参加したとき(第20回)と同じような場所みたいなので
その辺をうろついていればきっとなんとかなるでしょう。
もし会場にいなかったら・・・察してください。


種消しオセロその二の解答

コメント返し

加納九段くん
的確かつ簡潔な解説どうもです。
実戦では祈りが通じたのか蟻地獄に嵌ってくれて
辛くも勝ちを拾いました。

問題再掲
\ABCDEFGH
1+●●●●◆◆+
2○+●●○●+●
3○○●○●●●●
4+●●○●●●●
5●●●○●●●●
6+●●○●●●●
7++●○+●+●
8++●○●+++
黒g1まで 白番

コメントの繰り返しになってしまうのですが。。
打ってはいけないところはe7です。
次に黒a4とされて…
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2○+●●○●+●
3○●●○○●●●
4◆●●○○●●●
5●●●○○●●●
6+●●○○●●●
7++●○○●+●
8++●○●+++
白番

どうしてもc6が白くなり、その瞬間にb7のライン通しが決まり
(初手e7を打ったため)切ることができず白足りません。
(上記局面は白g8→黒f8をいれてからa6が最善ですが
黒は白についていくだけの展開になり黒2石勝ちとなります)

なのでe7はブラックラインを切るために残し
それ以外の普通の手、f8(+24)、a7(+14)、a6(+20)が正解になります。
たとえば白f8→黒g8→白a7→黒e7→白b7。
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2○+●●○●+●
3○○●○●●●●
4+●●○●●●●
5●●●○●●●●
6+○○●●●●●
7○◇●●●●+●
8++●●●●●+
黒番

F5F6E6F4G6D6G4F7E8H6F3G5H4H5H7E3C5H3H2G3F2C6D3B5D7
C4B4C3B3A3A5C2B1C1D1A2D2E2B6C7C8D8E1F1G1E7A4F8G8A6
B7A7B8B2A1G2H1G7H8A8

と、これを書いてて気づいたのですが
問題の局面からa7、b7と進んだ下の局面、
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2○+●●○●+●
3○○●○●●●●
4+●●○●●●●
5●●○○●●●●
6+●●○●●●●
7○◆●○+●+●
8++●○●+++
白番

白勝ち(+14と+2)なんですが注意が必要な、
こっちのほうが問題にふさわしいんじゃないかと
言えるような局面になってます。
時間のある方はぜひ考えてみてください


種消しオセロその二

コメント返し

stもどきさん
いつもよっぱらって打ってませんからね。
誤解する人がいそうなので一応書いておきます


kurnikから、種消しオセロを。(黒が私です)
\ABCDEFGH
1+●●●●◆◆+
2○+●●○●+●
3○○●○●●●●
4+●●○●●●●
5●●●○●●●●
6+●●○●●●●
7++●○+●+●
8++●○●+++
黒g1まで 白番

白f1→黒g1でe2が白石になったところです。
d列に白石があってすでに種消しは失敗ですが 汗

さて、白はどこに打てばよいのでしょうか
逆にどこに打ったらいけないでしょうか


久しぶりのヤフーオセロ

コメント返し

stもどきさん
わからなかったら席主さんに聞いてみましょう。
パソコンの先生だし絶対にわかるはずです。


今日は飲み会でした。
飲み会から帰ってきてその勢いでオセロを打とうとしましたが、
どういうわけかkurnikにつながらず久しぶりにヤフーに
うーん、なんだか人が明らかに減ってますね
ヤフーオセロがきっかけで生オセロに飛び込んだ人間としては
時代の趨勢とはいえさびしい思いです。
(そう思いながらkurnikに行ってるのもどうかと思いますが 汗)
ですが、久々の人と対局できたし久々の人とも会えたので結果オーライということで 謎

まとまりのない文ですがこの辺で。


ビスタでハッピーエンド起動

コメント返し

はせらさん
はじめまして。
問題図の時点でb2で
ラインが通るのを見抜くのは難しいですよね。
それ以前にほとんどの人(私も含めて)は
h1の発想自体なかったんじゃないでしょうか

くじらくん
私と同じようなこと考えんで下さい…

stもどきさん
もしかしてビスタ使ってますか?
だとしたら↓の方法でうまくいくはずですよ



前回の記事のコメントで
なぜかハッピーエンドが使えないと書いてあったのを見て
思い当たることがあるので
(自分へのメモ書きとして)書いときます。

ひと月程前、突然パソコンがクラッシュしてしまい
新しいパソコンを購入しました。
XPがよかったのですが選択の余地がなかったのでWindows Vistaに。
早速いろいろとインストールしていたのですが
なぜかハッピーエンドだけがインストールできず、
あれこれ試しているうちに以下の手順でうまくできました。

スタートメニューからコントロールパネルを開き、プログラムを選ぶ。
古いプログラムをこのバージョンのWindowsで使用を選ぶ。
プログラム互換性ウィザードが開くので次へを選ぶ。
手動でプログラムを特定しますを選択して次へ。
ハッピーエンドのインストーラのある場所を打ち込んで次へ。
プログラムの互換モードを選択する画面になるので
XPを選択(2000や98でも大丈夫かも)。
プログラムの画面の設定を選択します、
プログラムに管理者特権は必要ですか?、
互換性の設定をテストします、
をなにもいじらずに次へ。
別のウィンドウでセキュリティの警告が出るので実行を、
ユーザーアカウント制御が出るので許可をクリックして
ハッピーエンドのインストール画面になったら成功です。

私はこれでビスタにインストールできたので
もし同じような症状で悩んでる人がいたら
一度試してみてはいかがでしょうか



感心させられた局面

コメント返し

ライ㌧くん
もちろん並べませんよ。
王座戦後しばらく頭から離れなかったので…


ハッピーエンドからの局面です。

\ABCDEFGH
1+○○○+●++
2++○●●●●+
3●●●●●●●○
4+●○○○○●○
5●●○●●○●○
6+●●○●●●○
7++●○○●●○
8●●●●●●●○
白番

白はどういう方針で打ちますか?






私が考えたのは白b2→黒a1→白e1→黒h2→白a2→黒h2→白a4と
偶数理論にもっていく方針です。
\ABCDEFGH
1●○○○○●●+
2○○○●○●●●
3○○●●●●●○
4◇○○●○●●○
5●○○●●○●○
6+●○○●●●○
7++●○○●●○
8●●●●●●●○
黒番 偶数理論で打つ手なし

これで白8石勝ち。


これが最善だろうと思ってたら実は次善進行でした。

じゃあ最善はというと初手h1。
\ABCDEFGH
1+○○○+●+◇
2++○●●●○+
3●●●●●○●○
4+●○○○○●○
5●●○●●○●○
6+●●○●●●○
7++●○○●●○
8●●●●●●●○
黒番

次に黒h2でe1とg1が見合いになるので“?”だったのですが
白a6,黒a4,白b7,黒a7と左下を捨てると…
\ABCDEFGH
1+○○○+●+○
2++○●●●●●
3●●●●●○●○
4●●○◆○○●○
5●●◆○●○●○
6◆◆○○●●●○
7◆◆◆◆◆●●○
8●●●●●●●○
白番

ようやく意味が分かりました。
d4を強制的に黒くさせて白b2でg7を白にし、
三連打で終局する方針でした。

これで白10石勝ちです。


ソフト的には評価値がたった2しか変わらないのに
人間的には“偶数理論に持ち込む”と“連打を狙いに行く”という
まったく違う構想となることに感心させられた局面でした。


棋譜集到着

コメント返し

すりっぱ君
たしかに大会では当たってませんね。
私が関西にでも行ければいいのですが、

いつまでも
あると思うな
交通費
(さらにないのさ
時間と体力)

なので。。

stもどきさん
stもどきさんの性格からしてきっと“アレ”なのでしょうね…

自爆王さん
どちらの句もうんわかるわかる、と納得しました。
飲んでるときに連勝すると異様にテンションあがります。



少し前に書きましたが王座戦の棋譜集が今日届きました。
早いものでもう一月半たってるんですね。
最初はなんとなしにぱらぱらめくってたのですが
見ているうちにだんだんとあのときの悔しさがよみがえってきて
オセロ熱が上がってきました。
というわけで棋譜並べいってきます

王座戦棋譜集申込みの案内は↓
http://www.othello.gr.jp/ps4/228.html




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: