FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第27期オセロ名人戦参戦記その2

四回戦 東京 N六段 黒 引き分け勝ちあり
そして突入した後半戦のはじめはN六段。
皆さん知ってのとおりこのN六段が優勝したので私はもちろん負けたので
敗者は多くを語らずでもいいのですがそれじゃ参戦記にならないので一応大まかな流れを。
普段打つ蛇からあっという間に未知の局面に入って黒は右辺にウィング。
そのウィングを攻められる手を意識しながら進めてたら
N六段はまったく別の手を考えていたようで思考の方向転換ができず
中盤の終わりごろには白優勢に。
(今思うとこのあたりの白は即打ちだったような…)
終盤に入って白は長考、そして着手。で、波乱もなくそのまま白勝ちで終局。
と、対局中は思ってましたが後で解析してみると
なんとまあ終盤で一回だけ黒に勝ち筋のある局面がありました。
その局面はほぼ二択だったんですが
どっちも変わらないだろうと浅はかな考えで打った手が敗着 T_T
しかも正解の手は引き分けの局面ですが白難しく黒易しい形となっており
こっちならもしかしたらもしかしたかもしれないと激しく後悔。
このあたりの差が小さいようで実はでかい、なかなか越えられない壁なんでしょうね…

五回戦 北関東 S三段 白
久々に対決のS三段。通算1勝2敗と負け越しているうえ三回戦で鬼神を2石差で破っており
これはずるずる連敗するんじゃないかと非常にいやな感じでした。
快速船もどき(8手目の白の位置だけが違う)になり即打ちされてあせるも丁寧に打ち進めていったら
決め手らしい決め手も、悪手らしい悪手も見当たらないのになぜか白有利な局面になっていて
そのまま押し切ることができました。

六回戦 東関東 Y四段 黒
この対局が今大会初めての縦取りだったので大会前から考えていた手を炸裂させてみました。
ネットで試し打ちしてたときは相手は必ずそこで考え込んでいたので
今回もそうなるだろうとふんでいたらY四段、少考ののちバシッと正解手。
その後当然だろうと思った一手が悪手だったようで白がそれを咎める好手を打ち形勢は白に。
ただ、対局中は悪手、好手に気が付かず(あれ、なんか打ちづらい・・・)
と感じたのは数手も先の局面でした 汗
このままじゃジリ貧だと感じわざわざ自分から打てなくなる3個空きを作るX打ちで
なんとかなれ!と願いましたがなんともならず、2石負けの局面まで一時は縮まったものの
そこで正解が打てず差が広がり、逆偶数にしたものの全然足りず10石負け。

七回戦 中部 S初段 黒
長丁場のオセロ名人戦もいよいよラスト。
知り合いだったらいやだなあと思ってると初めての方。
…ですがS初段は私のことを(というかここの存在を)知っていたようで
対局直前に言われました、「ホームページ見ましたよ」と。
オセラーのオセ(中略)の100の質問。の98番目の質問に
”大会で対局直前にホームページ見ましたよとか言わないで、動揺するから…”
と書いてありますが今回言われたのが初めてだったんですよね、実は。
不意に言われたのでずいぶん動揺しました。
ですがそれはそれ、これはこれ。
ゲームはというとこれも五回戦と同じくよく分からないうちに
黒有利になってそのまま勝利となりました。
この棋譜は棋譜BBSに載せてあります。ぜひ見てくださいな。


というわけで5勝2敗13位と名人戦過去最高の成績となりました。
自分でも予想外の結果に満足しています。
最後に、こんな長文に最後まで付き合ってくださった皆さんありがとうございました。

名人戦問題編に続く・・・かな?
スポンサーサイト





第27期オセロ名人戦参戦記その1

3月25日
名人戦前日。この日は上野のオセロ・囲碁センターに行ってきました。
いろいろな人からあそこは誰もいないと聞いてましたが
名人戦前日ならきっと誰かいるだろう、と勝手読みをして午後1時過ぎにいざ突入!

・・・ホントに誰もいなかった(爆)

店主のKさんと話をしていると念のためにと呼んでおいたSTさん登場。
会うのは1年半ぶりでしたがまったく変わってなかったです。
DXオセロ盤でSTさんと二局打ち1勝1敗。
DXオセロ盤は普通のオセロ盤と打つ感触が違いますね。
その後4人ほど来てまあ、対戦相手には困らなかったです。

4時40分ごろオセロセンターを出て今度は池袋練習会に突撃。
到着した時点ですでに満員御礼状態でした。
何人か上野に流れればいいのにと思いつつ8時半頃までいろいろな人と対局してました。

明日はこの人達と当たらないことを祈りつつこの日は早めに就寝…

3月26日
この日は早めに会場に到着。
さっさと受付を済ませ久しぶりの方々と談笑をしつつ一回戦へ。

一回戦 北陸・近畿 H二段 黒
今回の新オセロ方式では一回戦、二回戦の勝敗が最終順位に大きく影響するので
(同じ勝ち数でも20位くらい変わる)
いきなり高段者じゃないことを祈ってましたが同じテーブルに高段者はいなくて一安心でした。
とはいえ初対戦の方。
特に関西の方は段位と実力が伴っていないことが多いので油断はできません。

黒番で斜めにこられたので蛇に。
下辺で手を稼ぎつつ白にウィングを作らせることに成功して
そのウィングを攻めつつ白の手を狭めて指定打ちへ。
10個空きで勘違いして一瞬ひやりとしたものの数えたら残っててほっとしました。

二回戦 東京 M初段 黒
次も初対決の方。池袋練習会に出られてる方のようです。
この対局も蛇になったものの受けを間違えたようで苦しい展開に。
中盤ストナーを常に意識しながらの形になったので
苦慮しながらその筋を消す手を打ったら白はX打ち。
すぐに隅を取りストナーが消えて気が楽になり、
それがよかったのか白は余裕手を出すタイミングを間違えてしまい大差勝ちになりました。

三回戦 東京 W三段 白
そして迎えた相手は一回戦でK七段、二回戦でM九段を撃破しているW三段。
表面上は落ち着いているようにしてましたが次は自分の番かと内心びくびくしてました。
こうもりから早速変化を仕掛け読み勝負に持って行き中盤ですでに白優勢~勝勢に。
ところがそこから白の迷走が始まり見る見るうちに差が縮まり難解な終盤戦に突入。
優勢を互角の局面まで持ってきたショックもありだんだん手が見えなくなってきて
46手目の悪手でついに逆転。
もうダメだ…とあきらめかけましたがここまで黒は時間を使いすぎていたため
(この時点で残り時間1分切ってました)即打ちで悪手のお返し。
ここで一息入れて偶数理論にはめる手順を見つけ55手目で黒の針落ち。
名人戦で一番怖かった対局でした。

これで自身初のオリンピックセンターでの午前中三連勝。
この日の昼食は今までになく美味かったです。

②に続く・・・


HP更新。

2006年度になったので100の質問。の回答内容をすこし変えてみました。
見たい方は画面左下にある(仮称)オセロのホームページ
→プロフィール→オセラーのオセ(中略)の100の質問。
と進んでください。
大抵の人はホームページから来てるんですが
ここをブックマークされている方もいらっしゃるようなので
一応案内まで。
以前の回答もありますので見比べてみるのも楽しいかもしれませんね。


名人戦から一週間

早いもので名人戦から一週間が経ちました。

予定では翌日に参戦記を載せるはずだったんですが
上手く文章がまとまらず(文才ゼロ)
さらに夜勤だったことも手伝っていまだ執筆途中です 汗
そんな状態でもヤフオセで当然のようにオセロ打ってる自分。
まったく何をやってるんだか・・・




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: