FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

名人戦結果

私は5勝2敗で13位
無差別の部優勝は中島六段でした
スポンサーサイト





明日の行動予定

とりあえず明日の予定でも。

11:30頃 上野に到着。13:00まで適当に時間をつぶす
13:00~15:00頃 オセロ・囲碁センターで対局(できたらいいなあ・・・)
16:00頃 池袋練習会に突撃して練習

といった具合になるかと思います。
というわけで私に会いたい人は(いるのか?)
上野か池袋にいらしてくださいませ。

さていよいよ明後日は名人戦。
いままでの名人戦は平凡な成績で終わっているので
(2003年不戦勝含む4勝3敗、2004年4勝3敗、2005年3勝4敗)
今年はなんとしてでも5勝以上あげて気持ちよく帰りたいです。
なおケータイから結果を載せる予定です。(自分のと無差別優勝者)
気になる方は名人戦終了時を見計らってアクセスしてくださいな。


体調管理

こたつで横になってテレビを見ていたら
そのままうたた寝して日付がかわってました。
と言うことでそのまま就寝します。


久々の白打ち

いよいよ名人戦が間近に迫ってきました。
いつも自分の好きな黒ばかり打ってるので
これではいけないと今日は白でテーブル待ちしてました。

するといい感じに連戦連勝。
気がつくと黒視点で見ているので戸惑いましたが
私=黒打ちと思われているっぽいのでそれ以上に対戦相手は戸惑ってたんでしょう。
最後、必勝の局面から負けたのは秘密です。
練習できる期間はあと3日。がんばろう。


再認識

祝日なのに仕事していた管理人です。(泣)

今日も今日とてヤフオセに入り浸って何局か打ってましたが
内容の濃いゲームがあったので紹介。


\A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○●◆◆◆○
3+●●○●●◆○
4+●○○○○●○
5+●○○○○●○
6●●●○●●○○
7++○○○○+○
8++○○○○++
黒g2に打った局面
白番

黒が管理人です。
ここで黒勝ちかなと見ていましたが白はa7。
打たれていい手だなと感心すると同時に負けるんじゃないかとあせりました。

(黒a8→白b7→黒b8→白g7で下辺か右辺が白のもの)
・・・が、実はこの手、逆転の悪手でした(爆)
黒a8→白b7のあとb8に入らずg8!

\A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○●●●●○
3+●●○●●●○
4+●○○○○●○
5+●○○○○●○
6●○○○●●○○
7●○○○○◆+○
8●+○○○○◆+
白番

なんとこれで黒2石勝ちなんだそうです。
しかし半ばあきらめていたのでよく読まずにb8へ。。。
後は変化の余地なく敗れ去りました。

どんな局面でも決してあきらめてはいけない。

当たり前のことですが再認識しました。
ちなみに一番上の局面は白b7が最善で白4石勝ちです。


あと一週間

気がつくとオセロ名人戦まであと一週間です。
実を言うとここしばらくオセロに対するモチベーションがさがっていたのですが
今日の連戦であがってきました。
と言うか無理矢理あげたのか。。。
この状態をあと一週間維持して名人戦に臨みたいものです。


第29期東北オセロ名人戦参戦記

去る2月19日東北オセロ名人戦に行ってきました。
大会に参加するのは3ヵ月半ぶりで今年初の大会になります。
今回の参加者は9名。
名人戦だけにもう少しいるかと思ってましたが
チャレンジカップと言う一般向けの大会も同時に開催されていたので
そちらに流れたんでしょう。

今回の大会方式は予選スイス式4回戦→上位四名による決勝トーナメントと
私にとっては初めての方式です。
この方式だと同じ人と二回当たる可能性があるわけで
予選で勝ったからと油断はできないってことです。
ではまず一回戦から。

一回戦 U無級 黒
今年の打ち始めはU無級。
私が黒で斜めにこられたので迷わず蛇に。
一進一退かなと思いつつ下辺にウィングをつくって手番を渡し
その直後にg7にX打ちされれば互角だったのですが白が打ったのは一手後。
そこで一気に形勢が傾きブラックラインを綺麗に通して指定打ちに追い込み大差勝ちとなりました。

二回戦 T初段 黒
この対局も蛇に。
中盤自分の石が4個になり種石がなくなるんじゃないかと不安になり悪手。
そして以下の局面。

ABCDEFGH
1++++++++
2++○○○●+○
3++●○○●○○
4+++●○●○○
5++◆○●○○○
6+◆●○○●○○
7+++○○●+○
8++++○●++
黒b6まで 白番

ここはg8だけが白優勢になる手。
黒c4を消しに行きます。
下辺が不安定に見えますが黒はc8に打てない(打てる見込みもない)し
c7は普通に白b8で山になるので問題なし。
こうなっては黒は上辺に手を付けるしかなく黒苦戦は避けられないところ。

・・・ということに気付きました。b6を打ってから(オイ
g8打つな打つな打つな…と念を送っていると通じたのかb5に着手。
その後c4に打ち下辺を取り込んで手数を稼ぎ最後は4連打で結果的に大勝。
とは言え中盤に反省点が残るゲームでした。


三回戦 S五段 黒
続いて最大の難関と思っていたS五段。
東北名人戦初の五段対決だったようです。
虎定石から最近よく打ってる進行にもっていき
それが上手くはまり終盤に入ったころには黒優勢~勝勢に。
が、そこからどう打っても残るだろうと深く読まずにポンポン打ち進め、
8個空きになったところであらためてよ~く局面を眺めてみると
(・・・なんかやばくないか?)と感じる局面になってました。
あわててじっくり数えて+4石勝ちの筋を発見して一安心でしたが
二回戦と同様「打つ前にしっかり考える」ことができてなかった
なんともお粗末な内容でした。

四回戦 Y三段 白
予選最終戦はY三段。すでに通過は決まってますが気持ちよく
決勝に進みたいので気合を入れて臨みます。
この対局は今大会唯一の白で裏蛇?とでも言うべき手を打たれました。
(バッファロー定石の隣に置く手です)
実はこの手は少し前にネットで試していたことがあり
黒不利という結論を導いてました。
ところがどんな進行で黒不利になるのかをすっかり忘れてしまっていて(爆)
勘で進めたらあっさり白不利に。
が、黒が手拍子で打った手が悪手で上手く咎め黒が打ちづらい形にすることに成功。
後はついていくだけの展開になりそのまま押し切りました。


決勝トーナメント
準決勝 Y三段 黒
ここからはトーナメントでスイス式と違い負けたら即敗退の厳しい勝負になってきます。
なので自然と気が引き締まってきたのですが相手はまたまたY三段^^;
肩透かしを食った気分です。
今度は白黒入れ替わって私が黒。
浦流からはじまり中盤の入り口あたりで手数を稼ぐことができて
優勢を築き、終盤細かいミスはあったもののその貯金が効いて逃げ切りました。


決勝 U無級 黒
そして迎えた最終戦は初戦で当たったU無級。
ここはなんとしても高段者の意地を見せたいところ。
・・・だったのですがいいところなく敗れ去りました(泣)
一回戦の大勝で心に隙が生じてたんでしょうね。
序盤で不利になってそのまま進んでも
(まあ、なんとかなるだろう)
と楽観視してたらなんとかならずに終わってました。


というわけでUさんが東北名人になりました。おめでとうございます。
私は『油断大敵』と言う教訓が身にしみました。
負けたのは悔しいですが名人戦前に痛い目にあったので
本番ではよりいっそう気を引き締めて臨むことができそうです。




| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: