FC2ブログ





のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

t_ohshimizu

Author:t_ohshimizu


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

連打の手筋その三

先日の東北オープン2009から。

\abcdefgh
1●○○○○○++
2●○○○○○○○
3●●●●○○○○
4●●○●●○○○
5●●●●●●○○
6●●●●○●○○
7●+○●●○+○
8+○○○○○○+
黒番

白がh2に打ってg2の石を返したところ。
黒はどう打てばよいでしょうか?















まず、右上のg1h1連打が見えますが
●g1と打つと○b7でブラックラインが通り連打が実現しません。

\abcdefgh
1●◆◆◆◆◆◆+
2●○○○○◆○○
3●◇●●◆○○○
4●◇○●◇○○○
5●◇●◇●●○○
6●◇◇●○●○○
7●◇○●●○+○
8+○○○○○○+
黒番 g7指定打ち



かといって●h1とすると右辺と下辺を取れますが
代わりに白に全ての空きマスで手止まりを打たれて
中身をごっそり持って行かれ、偶数理論で勝てません。
問題図から●h1○g1●h8○g7●a8○b7

\abcdefgh
1●○○○○○○●
2●○○○○○○●
3●○○●○○○●
4●○○○○○○●
5●○●○○●○●
6●○○●○○○●
7●○○●●○○●
8●●●●●●●●
黒28-36白




問題再掲
\abcdefgh
1●○○○○○++
2●○○○○○○○
3●●●●○○○○
4●●○●●○○○
5●●●●●●○○
6●●●●○●○○
7●+○●●○+○
8+○○○○○○+
黒番

正解はb7。

相手の打ちたいところに打て、の格言に従った一手です。

\abcdefgh
1●○○○○○++
2●○○○○○○○
3●●●●○○○○
4●●○●●○○○
5●●●●●●○○
6●●●●○●○○
7●◆◆●●○+○
8+○○○○○○+
白番

これで白はa8に打たざるを得ず、
●g1→○g7→●h8→●h1の連打となり黒快勝となります。

\abcdefgh
1●●●●●●●●
2●●○○○●○●
3●●●●●○○●
4●●○●○○○●
5●●●○●●○●
6●●○●○●○●
7●○●●●○●●
8○○○○○○○●
黒40-24白

スポンサーサイト





連打の手筋その二

久しぶりに手筋っぽいのを書いてみます。
(すっかり忘れていたというのは内緒)


\abcdefgh
1○●●○+○++
2○●●○○○+●
3○○○●○○●●
4○○●●○●○●
5○●○○●●○●
6●○●○○○●●
7○○○○○○●●
8○○○○○○●●
黒番

どこに打てば黒はいいでしょう?







正解はg1。
g3、h4が黒いため白はe1に入れません。

\abcdefgh
1○●●○+○◆+
2○●●○○◆+●
3○○○●◆○●●
4○○●●○●○●
5○●○○●●○●
6●○●○○○●●
7○○○○○○●●
8○○○○○○●●
白番 e1に入れない


やむなく白はh1と取りますが黒g2→白パス→黒e1と連打が成立して黒2石勝ちとなります。

\abcdefgh
1○●●○+○○○
2○●●○○●+●
3○○○●●○●●
4○○●●○●○●
5○●○○●●○●
6●○●○○○●●
7○○○○○○●●
8○○○○○○●●
黒番 g2e1連打




初手e1としてしまうと偶数理論にはまってしまい足りません。

\abcdefgh
1○●●●●○++
2○●●○●●+●
3○○○●●○●●
4○○●●●●○●
5○●○○●●○●
6●○●○○○●●
7○○○○○○●●
8○○○○○○●●
白番 g1,g2どちらでも白勝ち



連打の手筋その一

今回から実戦で見かける手筋なんかを
自分への再確認の意味も込めて不定期に載せていきたいと思います。
的外れなことを書くかもですがそのあたりはご容赦を。

まずはこれから。

\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○++
3●○○●○●○+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
黒番

普通に打てば白黒ともに2回ずつですが黒に連打の筋があります。








それはh2。

\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○+◆
3●○○●○●●+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○

これで白がg2、h3のどちらに打っても黒は連打で勝てます。

白h3のケース
\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○+●
3●○○●○○○◇
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
黒番 h1→g2で黒8石勝ち。


白g2のケース
\ABCDEFGH
1●●●●●●○+
2●●○○●○◇●
3●○○●○○○+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
黒番 h1→h3で黒14石勝ち。


h2以外だと偶数理論で黒負けとなります。

\ABCDEFGH
1●●●●●●●◆
2●●○○●○++
3●○○●○●○+
4●○●○○●○○
5●○○○●○●●
6●○●○○●○○
7●○●●●○○○
8●○○○○○○○
例えばh1だと白g2の後h2で2石、h3で4石負け。





| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: