のんびりだらだら日記
オセロのこととか日常のこととか だらだらと書き連ねていきます

 プロフィール

gock97

Author:gock97


 つぶやき

 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 月別アーカイブ

 リンク

 ブログ内検索

第93回仙台オープン結果

結果です。

一回戦 S野無級 ○ 白
二回戦 T橋(快)二段 ○ 白
三回戦 S藤(久)四段 ○ 黒
四回戦 I島七段 × 白
五回戦 F原無級 ○ 黒
六回戦 N村(和)三段 ○ 黒

で5勝1敗、優勝でした(^^)v

とりあえず、結果を残せてほっとしてます。


初参加者や午前中の練習会に初めて参加された方もいて、
新年度に相応しい、新しい風が吹いてくるような大会でした。

参加された皆様、お疲れ様でした~。
スポンサーサイト


第38期オセロ名人戦雑記その2

続きです。その1はこちらから。

プレイヤーとして
この日は無差別の部。
プレイヤーとしてなので
早く来る必要はなかったのですが
渋滞を恐れて30分以上前に会場入り。


集う東北の面々
そしたら既にS藤(久)くんがいるし。。
Y田さん、Y島さん、W田兄弟、T橋くん、S原さんなど東北メンバーが続々と集結。
受付開始前に集合するのは地域性なのかな?
新潟メンバーも到着してまるでスタキャン。。


タブレットはでかい
今回からQRコードを使用しての受付。
みんなスマホ。じぶんはタブレット。
ずいぶんでかいな、とK藤専務理事。
でかくても無事に読み取れました。


開会式
開会式では世界戦の報告や次回全日本や王座戦の日程、
さらにOSG2017の案内や中高生の新しい大会を夏に行うなども発表。
中高生の大会は団体戦で、大人も監督として関われるようです。


所属ブロックでの初の名人戦、さあかっこいい姿を見せよう(`・ω・´)


初戦を落として
大事な大事な初戦は東関東のH坂四段。
一回でも負けたら優勝の目はなくなるサバイバルマッチ、
優勢の対局を落としました(´д`)


そして不戦勝
参加者は131名。一回戦負けは65名。
こんなにいる中でなぜ自分が選ばれる。。
因みに翌日の仙台オープンでも一回戦不戦勝(-_-;)
この二日で2局も損してます。


次々と、東北対決
一回戦 O黒澤ーF田、H内ーS原
二回戦 M永ーH内、Y島ーH崎
四回戦 H内ーW田(千)
五回戦 T橋(快)ーF田
六回戦 S藤(久)ーM永、Y田ーH崎

などなど東北対決多数実現。
20人もいればそりゃ対局も起こりうるでしょうけどね、、


10年ぶりの対局
一回戦敗退後、サブマリン入賞を目指して勝ち進んだ六回戦、
K田七段と10年ぐらい前の王座戦以来の対局。
その時は小学生だったK田くんも大きくなったなぁ…
なんて感慨に耽ってたらあっさり負けました。
…実力負けです。


最終戦
王座戦の権利をかけての最終戦はM岡七段。
よく当たってる気がする。。
勝利して王座戦の権利ゲット。


これでプレイヤーとしての第38期オセロ名人戦は終わりました。


再び棋譜取り
自分の対局は全部終了してさあ盤と時計片付けよう、としたところ
せっかく仙台開催なんだから…、とI崎理事の計らいで
3位決定戦の棋譜取りをすることになりました。
都合3回も名人戦で棋譜取り。


静寂の空間
無差別決勝戦&3位決定戦はもちろん別室。
2年前はプレイヤーとしてこの場にいたんだなぁ…
仙台開催だし、この舞台に立ちたかったなぁ…
なんて思いながら入室。

最低限の関係者以外、存在しない空間。
張り詰めた空気と、息をするのも憚られる緊張感。
どう感じるかは人それぞれ。私は心地よく感じてしまう。


ありがたや
見れなかった決勝戦の大盤解説がユーチューブで見れる。
https://www.youtube.com/watch?v=eGCdAXr9TqE
いい時代になったものです。
S々木七段、ありがとうございます<(_ _)>


宴の後

宴の後

各自ゴミを持ち帰っていたため、非常に楽に片付けが終わりました。




初の仙台での名人戦、こうして終わりました。
どれだけ集まるか不安の中、多くの方にお越し頂きました。
また、地元テレビも2日間に渡ってニュースで取り上げて
大成功だったのではないかと個人的には思ってます。

関わった皆さますべてに感謝致します。
ありがとうございました m(_ _)m


第38期オセロ名人戦雑記その1

第38期オセロ名人戦が終わっておよそ半月。
初の仙台開催と言うことでスタッフとしても関わったので雑記でも。

第38期オセロ名人戦

そもそもどうして仙台開催?
それはいつかの多面打ちの打ち上げでの話です。
3年連続で西(2014大阪、2015大阪、2016名古屋)だからたまには東でいいよね?
って考えで立候補表明。
K藤専務理事のお膝元ではあっても贔屓はなく、
キチンと手順に則って正式に選ばれました。
本音を言うと地元福島県郡山がよかった(ボソッ
来年誘致しようかな(小声



発表と悲鳴と。
仙台開催が発表されたのは去年9月の王座戦閉会式で。
その瞬間、悲鳴に近いどよめきが。
そりゃあ仙台に来るのは大変だよね…


備品準備
東北ブロックとして用意するのはオセロ盤と対局時計。
石は足りてるか、時計の電池は切れかかってないか、
時計の設定はどうするのか、念入りにチェック。


会場入り
仙台国際センター。
仙台国際センター

着いて思い出した。
ここ、オセロとは無関係のイベントで来たことある。。


設営
普段は10人規模。
100人規模の準備ははじめて
この会場、とにかく椅子が重かった。。


テレビの取材
テレビの取材
テレビ宮城。ユース世界一のW田くんがメイン。
自分は関係ない、と高括ってましたが、
いろんな人にインタビューしてたので関係あったのかも。


初めての受付
担当したのは中学生の部。
比較的少なめでもてんてこ舞い。
I崎理事のフォローで捌けました。
全国大会の受付がいかに大変か実感。


大会開始!
この日は無差別以外の部なのでスタッフ業に専念。
小学生以下の部が大きめの部屋で
中学生、高校生、女子の部がやや小さめの部屋。
二つの部屋を行ったり来たり。
私の見てる範囲ではトラブルは見受けられなかったです。


棋譜取り
小学生以下の部で準決勝と決勝の棋譜取りを担当。
みなさん、石の返すスピードが速いこと速いこと。
翌日、N海さんによくあの速さについていけましたね、
と言われましたが次の一手を予想しながら付けてました。
もちろん、棋譜取りに気を遣わないで自分のペースで打ってくださいね~


決勝戦!
第37期小学生名人W田三段と第36期小学生名人F地四段の対局
小学生最後の大会となるW田くんに勝ってほしいと思うのは心の中に留めて、
努めて冷静に、公平に棋譜を取ってました。
考えてみるとこのW田F地戦を一番間近で見られたわけで、
観客席からだとよく見えなかったそうなので、幸運でした。


ちょっと苦言
この決勝中に気になった点が一つ。
それは観客席の声。
ヒソヒソ声で話してても意外と対局者の耳に入るものです。
特に形勢の話だとゲームに影響しかねないので
身に覚えのある人は今後、気を付けましょう( ̄△ ̄)


翌日の準備
パーティションを取って大部屋に。
広い。
ゆとりある空間。


飲み会
一時間ほど遅れて到着。
すでにできあがってる参加者の面々。
何人かとお話ししましたが、重大な事実が。
顔と名前が一致しません 汗
次回会ったとき、誰?って反応したらゴメンナサイ。


ジュニア達との対局
この連休中対戦したのは
練習対局でF屋敷くん、T橋くん、T口(美)さん
仙台オープンでW田(真)くん、W田(千)くん
の5人。え?結果はどうだったかって?
1勝4敗だったなんて言えない。


続きます。


第92回仙台オープン結果

結果です。

一回戦 不戦勝 ○
二回戦 I泉四段 × 白
三回戦 W田(千)初段 ○ 黒
四回戦 W田(真)三段 × 黒
五回戦 T見六段 ○ 黒
六回戦 S藤四段 × 白

で3勝3敗、9位/15人でした。

二日続けての不戦勝ゲット。。

名人戦に引き続き遠征組が参加されたのに、
M屋七段やN野六段と対戦できず。。

非常にもったいないことをしました。


また、午前中の練習会で
大阪のT橋三段、T口(美)二段のジュニアオセラーと初対局。
がっかりさせてごめんなさい。。




第38期オセロ名人戦結果

結果です。

一回戦 H坂四段 × 黒
二回戦 不戦勝 ○
三回戦 K田四段 ○ 黒
四回戦 T橋(永)三段 ○ 黒
五回戦 S村四段 ○ 黒
六回戦 K田七段 × 黒
七回戦 M岡七段 ○ 黒

で5勝2敗、順位わからず(たぶん20~30位ぐらい?)でした。
全局黒持ちでした。。

初の仙台での全国大会。

小学生以下の部ではW田(真)三段が準優勝
女子の部ではS原二段が3位入賞&三段昇段と
東北メンバーが結果を残していたので
自分も続くぞ!と息巻いてたものの、初戦敗退。
そして二回戦、不戦勝ゲット。。
130人近く参加してる中でなぜ自分が。。。

サブマリン入賞に目標を切り替えて進むも
六回戦、約10年ぶりの対戦となったK田七段に完敗。

最終戦を勝って王座戦の権利をギリギリゲットしました。
不戦勝込みだけど大丈夫ですよね…?


参加された皆様、
運営された皆様、
観戦された皆様、
お疲れ様でした~。

今回はスタッフとしても関わってたので
雑記でも書いてみようと思います。




| BLOG TOP | Next>>




テンプレ作ったやつ→
姫月結城



現在の閲覧者数: